exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

2018年10月の屁理屈

2018-11-01

ジャンプ読むものがなくなって放置してたら唐突にワートリが再開しとった。

メモ

OS の大型アップデートかけると以前の認証情報が復活しちゃうんだろか。

Office 365 solo の認証ができない件(エラーコード 0x4004F00C )

これが起こると Office の回復アシスタント使っても Microsoft アカウントの認証んところで躓いてにっちもさっちもいかないのよね。

よく見ると Office 2016 Professional Plus になってる

以前にも一度喰らって、そのときはパチもんと入れ替えたりなんだりしてるうちに勝手に直ってたんだけど、今回は時間の余裕がないので Microsoft のサポートチャットに対応をお願いしてみたら一発解決。リモートアシスタントで繋いで作業してもらったんだけど、要点をまとめると既存の認証情報をクリアするだけ。

サポートチャットは平日と日曜の 9~18時、土曜はお休みなので注意。電話で話しても結局はリモートで繋ぐことになるだろうし、会話ログも残せるからおすすめ。

管理者権限で以下のコマンドを叩く。ライセンスキーセットアップファイル OSPP.VBS の実行パスはそれぞれの環境に合わせる( うちは 64bit 版だけど 32bit 版なら \Program Files(x86) 、Office 2013 の場合は Office15 になるんじゃないかな)。コマンドスイッチの /dstatus でライセンスキー最後の 5文字が表示されるので、/unpkey でそのキーを削除。

> cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /dstatus

---Processing--------------------------
---------------------------------------
PRODUCT ID: *****-*****-*****-*****
SKU ID: ********-****-****-****-************
LICENSE NAME: Office 16, Office16ProPlusVL_KMS_Client edition
LICENSE DESCRIPTION: Office 16, VOLUME_KMSCLIENT channel
BETA EXPIRATION: 1601/1/1
LICENSE STATUS:  ---OOB_GRACE---
ERROR CODE: 0x4004F00C
ERROR DESCRIPTION: The Software Licensing Service reported that the application is running within the valid grace period.
REMAINING GRACE: 3 days  (4910 minute(s) before expiring)
Last 5 characters of installed product key: *****
Activation Type Configuration: ALL ←このへんから先はパチもん設定と思われる
        DNS auto-discovery: KMS name not available
        KMS machine registry override defined: 192.168.1.255:1688
        Activation Interval: 120 minutes
        Renewal Interval: 10080 minutes
        KMS host caching: Enabled
---------------------------------------
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------

> cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /unpkey:***** ↑で表示された5文字

---Processing--------------------------
---------------------------------------
Uninstalling product key for: Office 16, Office16ProPlusVL_KMS_Client edition
<Product key uninstall successful> ←これが表示されたらおk
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------

PowerShell でもいいけど管理者として実行すること

Re-Loader なり、パチもんの認証回避サービスが生きてるようなら当然そいつも殺しとく *。あとは Office アプリケーション起動時にサブスクリプション済みの Microsoft アカウントでサインインし直せばよろし。

Re-Loader ならタスクスケジューラの R@1n-KMS 内に登録されてるので無効にしとけばよろし。もちろんフォルダごと消し去ってもよい。

ちゃんと認証が済むとこうなる。

> cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS" /dstatus

---Processing--------------------------
---------------------------------------
PRODUCT ID: *****-*****-*****-*****
SKU ID: ********-****-****-****-************
LICENSE NAME: Office 16, Office16O365HomePremR_Subscription4 edition
LICENSE DESCRIPTION: Office 16, TIMEBASED_SUB channel
BETA EXPIRATION: 1601/1/1
LICENSE STATUS:  ---LICENSED---
ERROR CODE: 0x4004FC04 (for information purposes only as the status is licensed)
ERROR DESCRIPTION: The Software Licensing Service reported that the application is running within the timebased validity period.
REMAINING GRACE: 31 days  (46039 minute(s) before expiring)
Last 5 characters of installed product key: *****
---------------------------------------
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------

ただ、2013年導入で怪しげなものがいっぱい動いてる自宅のマシーンならわからないでもないんだけど、今年の 5月末に導入した職場のマシーンは最初から Office 365 solo 入れてるんだよね…。

ちなみにコマンドスイッチ /rearm で認証猶予期間のリセットができる。期限切れで起動しない場合とかね。他にもいろいろあるので気になる人はライセンスキーセットアップファイルを直接開いてみては( VB Script だからな)。

参考:Office 2013/2016のプロダクトキーをコマンドラインで確認・変更する:Tech TIPS - @IT