exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

2016年1月2日の屁理屈アネックス:
多度大社二年参り&23回名古屋競馬

2015~16の年末年始まとめ。※もう少し手直しする予定

12月30日:支度

29日が仕事納めだったので東京大賞典は当然見送り。

仕事があろうがなかろうが、やもするとヴァーの記録を塗り替えられる瞬間を見届けることになるわけで交流G1の現地観戦はどうも気分が乗らないのだ

姐御より頂いた深大寺にある温泉の割引券、仕事納めに合わせて使うのがベストとずっと思ってたんだけど、軽く事務所でお疲れ会やってそのあと向かおうと思ったら同僚の最長老が「メシ行こうぜメシー」。出戻りの立場でもあるしメシくらいは付き合わんとか。

…んまあ、そういう流れでメシだけで終わるわけがねーんだよな。途中から閣下も呼び寄せて二軒ハシゴ。ただ一軒目のガールズバー、席に座ったはいいが年末で帰省してる人が多いのか30分くらい経ってもおねいさんが誰もつかない。こんなの初めてだよ、ハッテン場じゃあるまいし。さすがに辛抱できなくなって店を出たら「お代はけっこうです」となった。まあそうなるわなw

結局閣下はいったん家に帰り、翌30日の夜にうちに泊まって31日の朝8時に出発することになった。帰省のピークは過ぎてるだろうから事故渋滞でもない限りのんびり走っても5時間もあれば着くべ。着いて何するのか知らないんだけどね!

12月31日:大晦日

ひとまず横浜町田インターまでは下でいって、あとは全部上。どこ走ってるかわからない夜行バスをノーカウント扱いとすれば、初めて新東名使ったけどすごい走りやすいのな。旧東名よりコーナーが緩く全体の造りがゆったりしてるのはもちろんだけど、出来て時間経ってないから道路そのものに傷みがないのがでかい(もちろんわしは運転してないが横乗ってるだけでもわかる)。やっぱ昭和の頃から酷使してるインフラは騙し騙しじゃなくきっちり補修改修しないといかんのだろう。それこそリニア新幹線建造の目的のひとつだし。

…で、改めて話を整理すると閣下の目的地は名古屋ではなく豊田市らしい。そこに待ち人がおってあれこれ片付けなきゃいけないことがあるようだ。当初の腹づもりはどこかで適当に二年参りしたらそのまま名駅近くのネカフェで夜を過ごして元旦から名古屋競馬参戦というプランだったんだけど、わしもその豊田の訪問先をベースにしてはどうかという閣下の提案。うーん、別に嫌ってわけじゃないけどうまくその相手に調子合わせられるかどうかは保証できませんぜ?

ひとまず着いたがまずは風呂だ。渋滞のかけらもなかったな。

以前に一度会ったことのある人なんだけどまともに話するのは今日が初めてで、普段のわしの調子でぜんぜん平気だった。さすが閣下がわしに紹介するだけのことはあるというか。ひとまず込み入ったヤマはおいといて年始参りに向かおう。熱田神宮じゃなんのひねりもないし伊勢神宮は豊田からだと遠すぎるので桑名の多度大社に落ち着く。

多度大社

建立は大國魂神社のが古いと知ってひと安心。じゃなくて三が日の参拝客数は大國魂神社に匹敵するような記事を目にしたので余裕をもって出発。22時半くらいに到着すると参道はまだまだガラガラで駐車場も選び放題。

時間が早いので適当に散策。

“たど”というとかつてのうまろだでよく写真を見かけた草競馬くらいの認識しかなかったのだが、上げ馬神事もやってるのな。そういえば馬を興奮させるため事前にガンガン叩いて動物虐待で逮捕騒ぎがなったのここか。

うまくいくお守り。なんでも白馬伝説とやらもあるそうで、先の神事や草競馬も合わせて馬との関わりがずいぶん深いお社らしい。わしの初詣にぴったりではないか。

決して規模は大きくないんだけど都心にあるような寺や神社よりも懐が深いと感じるのは山そのものが神体であり鎮守の森だからかな。昼と夜では受ける印象も変わるだろうが、年越しのお社としての雰囲気はすごくよい。

そして巫女さんたちがかわいい。特にこの甘酒の売り子のおねいさんにはシビれたね、つい3杯も頼んじまったぜ。

な感じでちょっとのんびりしてたらいつの間にか長蛇の列が出現していた。別にこの後予定が詰まってるわけでもなんでもないが、列のことが意識から消えてたのたぶん5分とか10分くらいでこの有様には驚いた。多度おそるべし。

…年が変わってから拝殿まで30分も掛かっちまったぜ!なお別宮として境内に一目連も祭られてるためか賽殿がふたつ並んでいる。どっちがどっちなのかわからんが、片方は競馬場共通回数券を供えて開門ダッシュをつつがなく行えるようお願いしてきた(もう片方は想像に任せる)。

おみくじにさらにくじが付いているという、何がなんだかよくわからないシステム。

恋愛:あきらめなさい

ちょちょちょちょっとそんなダイレクトにいわんでも(’A`)

に、日用品?

お参りに来てボックスティッシュもらったの初めてだよ!

ああそうか、恋愛はあきらめておとなしくこれでオナニーしてろと。アフターフォローもバッチリとはまいったよ、多度あなどれねえわ。

草競馬も含め是非また訪れたいのだが、車がないとアクセス大変なのでひとりではなかなか難しいだろうなあ。

1月1日:元旦

起きたら11時回ってた。寝たのが4時回ってた時点で初日の出はもちろんのこと、少なくとも開門からの名古屋競馬参戦は無理だろうと察しはついていたよ。

いろいろ雑に煮込んだものを食う。つーか同じく“日用品”だった閣下はちゃんと社名入りの箸もらってんだぜ!

服がぎょうさん増えた!

最後に番組通しでテレビ見たのがいつなのか記憶にない。

1月2日:23回名古屋競馬2日目

閣下の行動の都合もあって競馬場まで車で送ってもらえた。以前訪れたのはマイネルキッツの勝った春天の帰りだから、足掛け7年か。ま、特に何か変わったわけでもなく。

けっこう早い時期から今日は全レース買うと決めていた。三連複を中心に各レース千円。なお4レースと6レースにそれぞれ1頭ずつエルコン絡みの出走馬がおる。その応援馬券はノーカンで。

おみくじ馬券を売っていたので2セット買ってみる。となりで木之前葵騎手の写真展。

いろいろ特別待遇。

おそらくこのちびっ子たちがBSJとやらなのだろう。6レース終了後にイベントだったっけかな。貸服プレゼントの抽選受付もそのへんのタイミングだったし、今日の葵ちゃんの出番は7レース以降全鞍だし、6レース終わりはけっこう気を抜けない。

1レースにつき千円ずつ馬券買うことにした。名古屋の傾向とかそういうのまったくわかんないので、新聞の印やオッズは無視しパドックの印象だけで選ぶことにする。1レースは誰の目にもはっきりわかるほど5のグランポルトスが抜けてたので単複500円ずつ。

まあ、獲るには獲ったんですがね。案の定グリグリ一番人気ですよ。でも初っ端は当てたいじゃないですかー。

2レース以降は三連複4頭ボックス+単複か三連複5頭ボックスとレースあたりの購入金額から逆算して買い目を組んだんだけど、それが大きな間違いで、わりと動きっぱなしでまめに配当見てなかったから4レース終わって換金するときに初めて「7頭立てや8頭立てで4頭5頭ボックスなんぞ買ってりゃガミるに決まってるだろがwwwww」と気が付いた。

当たるには当たるのだが配当が250円だの300円だの、もうね。このままじゃジリ貧の一途。そんな中年男性の窮地を救ってくれたのは母エルっ仔だった!

ここまでずっと7ないし8頭立てできたけど6レースは11頭がスタンバイ。低配当に合わせて絞るよりも穴が開いたときのためにここはむしろ手を広げるべきだろう、と逆に踏み込んで4番マッシヴビクトリーを買い目に追加。

そのマッシヴビクトリーは積極的に先手を奪うと直線も粘りに粘ってあわやの勝ち負けに持ち込んだのだ!まったくエルに助けられたよ!

おっと抽選とかちびっ子とか葵ちゃんの出番だ。余韻に浸ってるヒマはない。

こういう言い草をするのはヤボなのだが、新潟遠征んときに出くわしたケミカリが改めて素晴らしいと思った。理由はお察しくだしあ

こんな感じでちょこちょこ動き回ってしかもオッズ見ずに買ってるもんだから配当にあんまり気が回らないのよね。「あーそういえば当たっとったのう」と換金行ったら200倍ついてて、一瞬何かの間違いかと思った。

これはもう十分なリターン、利益確定すべ。そんなわけで7レースで馬券は終了。メインはおみくじ馬券だけでいいわ。

第55回新春盃

この時間この太陽の位置はめんどくせえ。いっそのこと構図に入れてしまえ。

コスモナーダム超楽勝。

追記:

おみくじ馬券の存在を思い出したのが帰宅後だった。金杯行った際にカバン入れっぱなしだったのを思い出し、どうせ当たってないだろうからひかるくんに「ほーら中年男性からのお年玉だよー」とプレゼントしたら当たってたwww

三連複5-7-12で2,850円。多度マジでご利益あるよ!

おみやげに、勝手に作って売ってるとしか思えないようなTシャツを買ってみた。

帰りは電車。あおなみ線から豊田市方面は乗り換えがいろいろめんどくさい。

1月3日:寝正月

また夜遅くまで話し込んじゃったもんだから起きると10時を回ってた。夕方までおふたりでお出かけ。まあわしがいると話にくいこともあるじゃろうて(わしが出かけろよ。

「賭け初めの後はコキ初め!」部屋にひとり残された中年男性はカーテンを閉めパンツを脱ぎ、力強くペニスを握りしめる。「今年の目標は『現状維持』じゃあ!」おや誰かきたようだ。

19時くらいに出発、上りの(新)東名も渋滞知らず。

ギリギリ日付変更線超えちゃったけど誤差の範囲よ。