exB - extreme B-AREA -

多くの常連が無駄死にで無かったことの証の為に・・・ 再び一陣の先頭を守る為に! 正門よ!私は帰ってきた!!

2015年8月7日の屁理屈アネックス

商工まつりといえばミス府中。異論は認めない。

ミス府中コンテスト2015 in 第55回商工まつり

生粋の府中市民は大概にしてお祭り好き。平均すると週一ペースでどこかしら祭りをやっているが、大国魂神社が地元産業のブースで埋め尽くされる八月のビッグイベント「商工まつり」では毎年ミス府中コンテストが行われている。

基本は地元産業のお祭りだが、JRAも毎年ミス府中コンテストの協賛と最終審査の時間に行われるハーフタイムショーのスポンサードを行っている。まあ府中市を全国区の知名度に押し上げているのが東京競馬場なのは疑いようもないし、東京都四市競艇事業組合主催(小平、日野、東村山、国分寺で府中は関与していない)のボートレース多摩川だってブース出してるし、細かいことは気にしないのだろう。協賛者には東京馬主会やさくらコマースの名前もある。

募集は例年6月で7月上旬に予選を行い、商工祭りの決選大会に進んだ10名の中からミス府中1位1名、ミス府中2位2名、ミスさわやか1名の計4人が選出される。任期は1年で、翌年の商工まつりまで府中市で行われる様々なイベントに花を添える(“ミスさわやか”は少し扱いが異なるようだ)。なお大変残念なお知らせだが、水着審査は、ない。

なるべくステージに近くて邪魔がなく邪魔もしないポジションを求めた結果、すぐ横に前年のミス府中ご一行がいらっさった。本日をもって任務を終え後輩にバトンタッチ。みなさん1年前の初々しさはすっかり消え表情も立ち振る舞いもサマになっていた。嬉しくもあり、寂しくもあり。

名物審査委員、映画監督&殺陣師の高瀬将嗣氏。候補者をリラックスさせようとしてか、毎年質問の口火を切ると場を和ませるようなキャッチボールをする。

右に隠れているのが今年から東京競馬場長に着任した時任淳信氏(前・福島競馬場長)。JRAはスポンサードのほか場長が審査委員を務めてるしミス府中のミッションには府中牝馬ステークスのプレゼンターだってあるわけだが、府中の好きなところや府中市のアピールポイントを問われても東京競馬場を挙げるおねいさんがいなくて毎年お嘆きになっている(今年もそうだった)。候補者もしくは推薦者はちゃんと傾向と対策に入れておこう、な!

  • UMAJOブースもあって女性でも居心地いいんです!
  • 初心者向けの講座も開かれていて競馬新聞の読み方も教えてもらいました
  • 東京は内外の馬場差が出やすいのでトラックバイアスの見極めがカギですね
  • 開門ダッシュを経験して初めて競馬をファン名乗れると思います
  • 直線の向きが逆光なので日中は撮るのけっこ苦労するんですよ
  • 東京開催から障害競走が大幅に減ったのは納得しがたいものがあります
  • 1.8倍に諭吉突っ込むなんて正気の沙汰じゃありません
  • マイルカップのN響ファンファーレくらい手拍子やめてほしい
  • ジャパンカップの公開調教が廃止になって時代の移り変わりを感じました

といったアピールが効果的と思われる。

今年は37人の応募者があったそうだが、決選に残った10名は例年よりも自己PRの上手な子が多かった。印象の強さはルックスの9番、愛嬌の10番、完成度が際立つ8番、話題性の4番(イタリアからの留学生リサ)、天然の3番(質疑途中でリア充アピール)、スタイルは該当なし(強いてあげれば健康美の8番)。

特に9番の蝦名美空嬢はダントツにかわいかった。ルックスのみならず受け答えもはっきりしてたし表情も終始明るく目線が泳ぐようなこともなかったから、おそらく残りの9人で3つの枠を争うことになるに違いない。

毎年思うんだが、ファイナリストの名前くらいボードで掲示するとかできんのかな?いっぺんに全員なんて覚えきれねえって。あと照明の光源が電球光まじっててホワイトバランスを合わせにくい。RAWで撮ってりゃいい話ではあるが。

審査を待つあいだに紙切り師やお笑い芸人のハーフタイムショー。

このあたりから先週同様に立ちくらみがかなり酷くなってきた。なーに9番の美空嬢がミス府中に輝くのを見届けるまで死にはせん。

先代のミス府中もお役目ご免。一年間ご苦労であった。

結果発表

ミスさわやか、ミス府中2位ときて残るは1位のみ。

あれ?

左から3番田中智美さん(ミス府中2位)、10番筒井彩華さん(ミス府中1位)、8番川村直央さん(ミス府中2位)、7番大黒翠さん(ミスさわやか)。

・・・薄々感じてはいたことだが、おそらく審査委員の考える理想のミス府中の評価基準にルックスはあまり関係ないんだろう(少なくともアイドルタイプではない)。4年続けてオレが指名した子がカスリもしないのは、少なくともオレの好みとは確実にズレてる。次からちゃんとミス府中とミス俺府中を区別して指名するよ!

参考:第54回府中商工まつり

ミス府中2位の8番はこうしたときでもちゃんと客席に顔を向ける。口取りのとき観客に対しても手を上げる武兄を髣髴とさせるよく仕込まれた動き。完成度高い。ダンスのインストラクターをやっているだけあって姿勢も安定、今年の4人の中ではこの子がよい。

協賛品を贈呈する東京馬主協会の第13代会長にして日本馬主連合会会長でもある森保彦氏。ちなみに東京馬主協会の初代会長(当時は東京競馬場馬主協会)は伝説のクリフジを筆頭に多数の活躍馬を擁しオーナーブリーダースタイルを確立した故・栗林友二氏(そのご子息がライスシャワーでおなじみの栗林英雄氏)。

ケーブルテレビの取材も入っていた。ステージの脇をちょこまか動き回る中年男性の姿が映っていないことを祈ろう。

1年間よろしくおねがいします。最初のミッションはけやきフェスタかな。

そんなわけで、ここに死なない男が誕生したいちばんかわいい子から足切りという、摩訶不思議なコンテストである。9番の蝦名美空嬢にはミス俺府中の称号を授ける。初代だぞ初代。ザ・ファースト。

1位の父親が市議とか出来レースとか、そういうのはあんまり興味ないしどこでもある話と思うんだけど、ルックスだけの子ならともかく応対もしっかりしてただけに美空嬢が無冠に終わるのはさすがに解せないというか疑問を抱く観客はけっこう多かったぞ。こんな調子でいいと思ってんのかね審査員は。

府中スレにURL張られてたので断っておくけど、オレ個人としては10番含め誰かを否定するつもりはさらさらないよ、そこは勘違いしないでくれ。嫌味のひとつくらいはともかく、ちょっとでも肯定意見があるとムキになるのはみっともねえだろ、というお話。