exB - extreme B-AREA -

多くの常連が無駄死にで無かったことの証の為に・・・ 再び一陣の先頭を守る為に! 正門よ!私は帰ってきた!!

2014年4月29日の屁理屈アネックス

浅間山公園散策

今週来週とキスゲフェスティバルなのだが、どのみち土日は競馬場に張り付いてるわけで、今日のうちに写真だけでも撮ってくることにした。

浅間山公園は標高8000cmを誇り“府中のヤネ”とも呼ばれる(誰に)。甲州街道から新小金井街道を曲がってテクテクと2kmほど、うちから30分くらいか。東府中に住んでた頃はわりと近い感覚だったけど、けっこう疲れた。

・・・それっぽい花なんかどこにも咲いてないんだけど。

最初これ(キンラン)しか見当たらなくて、「キスゲってこんなちっちゃい花だったっけ?」とショボくれていたのは内緒。もっともキンラン&ギンランも自生数はごくわずからしい。

そんなわけで、自生地はここ浅間山だけの絶滅危惧種ムサシノキスゲ(ゼンテイカ=ニッコウキスゲの亜種)である。府中ってほんと、街の規模のわりにいろんなものがあるよなあ。結局撮れそうな場所に咲いているのは2株しかなかった。まあ咲いてただけでもマシというものか。プロっぽい人がいたのでいろいろ聞いてみたけど、やっぱりまだちょっと早いらしい。ムサシノキスゲは花が1日で落ちるらしく、ただ一株からけっこういっぱい咲くのでわりと長期間咲いてるように感じるとかなんとか。

入れ替わり立ち替わり、常時10人くらいはいたかな。カメラ持ちも目立った。

おやあれに見えるは。

なんだか収まりがつかないのでトロポサイト寄って帰る事にした(もともと去年の秋に撮る予定だったのを思い出したってのもある)。

トロポサイト周辺散策

トロポサイト、正式には府中通信施設対流圏散乱波通信アンテナ(トロポスキャッター)といい、航空自衛隊府中基地の裏手にある在日米軍跡地の目玉商品である。廃墟マニアや軍事施設ヲタには超有名なスポットらしいけど、府中に住んで7年目というのに一度も傍まで行ったことなかったのよね。

特徴的な2基のアンテナ。秋口の夕暮れ時がきっと美しいのだろう。

ググるとあちこちで不法侵入を試みた形跡を目にするが、合法的なエリアからの撮影ではこれがMAX。目的のためなら手段を選ばず、というのはオナニーとか、オナニーとか、オナニーとか、よほどのことでない限り避けるべき、というのがオレのスタンスである。

なお柵の中にはネコがいっぱいいたんだけど、防衛ラインをやたら広めに取ってるようで半径10m以内に近づくことは適わなかった。さすが軍事ネコ。

府中の森公園(ここも元は基地跡地だ)を抜けて帰還。

高尾かえで、ってこれから取ったのかな。

なんとなく、地区ってるような気ががががが