exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

またひとつ無駄に歳を重ねた2013年3月の屁理屈

わりと短期間で動画のお勉強が一気に進んだ感。

・・・ISP料金の引き落としがされてなかったようだ(別の引き落としと勘違いしていた)。このタイミングで2万とかあるはずもないので月が変わるまで何もできん。またタイホだのなんだの、いろいろいわれてるんだろうな。とりあえず気が向いたぶんの屁理屈は書く。携帯は生きてるんで、火急の連絡はprepaid_baron@SBかツイッタのDMで。って更新しなきゃこれも見れないだろが。

2013-03-31

やーらーれーたー..._ト ̄|○

メモ

スキャンは終わっていた。長年のコレクションも終わっていた。

サルベージ続き

ひとまずセクタ情報の保存を試みたのだが、739MBから先に進まない。嫌な空気が漂う。

つか、そもそも引っ掛かったファイルに音楽データがまったくないwwww ディレクトリエントリが見事にブッ飛んでるようだ。MFTが死んでるのは確実としても削除ファイルしかヒットしないってどうなってんの。

HDD Regenerator ver.2011の出番

ご存知不良セクタの定番修復ツールである。気休めかもしれんがこいつを使ってみよう。

Ver.2011の日本語記事ほとんど見かけないけど、これめちゃくちゃ便利だよ。従来版と修復性能に違いはない(と思う)ものの、フロッピーやCDなどのブートメディアからじゃないと起動できなかった従来版に対してWindows上からプロンプト動作できるようになったのはめちゃくちゃありがたい(もちろんブートメディアの作成も可)。どうも直接ハードウェアを検出してるみたいでシェル認識できないHDDでも扱えるし、さらに複数のHDDを同時処理までできちゃうから作業効率が飛躍的に高まった。喩えるなら東スポとオッズプリンタとマークシートで三連単の組み合わせや配当とにらめっこするのとTargetJVでちゃっちゃとPAT投票するくらいの差だよ。んまあ、それで的中率が上がるかどうかは別物と同じで、直るかどうかはいっしょなんだけどね。スキャン時間も変わらないし。

・・・おや?別に不良セクタのたぐいは見つからんようだ。こりゃどうしようもないかもしれん。データ復旧が無理としてもせめてファイルリストだけでも抽出したかった。泥棒が入ったみたいだけど何を盗まれたのかまったくわからないような気分だぜ、クソ。

まあHDDの動作音からして正常なアクセスができてない感じなんだよね。FinalDataのクラスタスキャンでの回収ファイルを見ると、検出はできるんだけどサイズ解析ができずデータの境界がぐちゃぐちゃになってるような感じ(取り出して再生すると音声だけ出るw)。ツールによっては救出できる可能性がゼロじゃないかもしれないので、まだ捨てずに取っておくか。そんなわけで、無駄な時間を費やしてまた漬物石が増えました、というお話。

2013-03-30

おたんじょうび。誰のだ。知れたこと。

そんなわけで、ついにバカボンのパパよりも年上になってしまった、夢も希望も救いのカケラもないギガ男爵である。それでも、といい続けろ!とは誰もいってくれない。

競馬

毎年のことだが誕生日と前後してドバイミーティングなのである。まったく情報がないので勝手にヴァーミリアンが勝ったことにしておく。あと高松宮記念て先週だっけ明日だっけ。そんな難民。んまあ来週にはいろいろどうにかなっているだろう。

メモ

誕生日にやるような作業でもないんだが。

サルベージなど

重い腰を上げて、800GBぶんの空きがあるうちに、OSから認識はできるんだけどドライブを開けない状態の400GBなHDDにぎっしり詰まった音楽データのサルベージに取りかかる。

FinalData(Ver.2)の場合、スキャン終了後いったんイメージを別ドライブの空き領域にコピーして、それをベースに作業するのが王道である。二度手間には違いないのだが、うっかりソフト終了しちゃってまた再スキャンとかマジでやってられない、確実に心が折れる。なのでレスキューの際はテンポラリ+サルベージとして対象とするHDDの倍の空き容量をみておく必要がある、と覚えておいたほうがいいよ。最新版はどうなのか知らないけどね。スキャンと並行してイメージ作成できたりするのかな。まあ年に1回使うかどうか、ってソフトなのでいちいちバージョンアップはできんよ。

予想はできたが気が遠くなってきた('A`) 減ったり増えたりで31時間のまま動かんw まあ最近の大容量HDDのことを思えば1日ちょいでスキャンが完了するならマシなほうかね。そもそも無事レスキューできるのだろうか。なんか見かけ上は引っこ抜けても中身がnullで埋め尽くされてるような気がして仕方ないんだわ。このHDDには廃盤になってるアルバムとかもうどこ探しても見当たらないPVとかたくさん入ってるんだけどもう一度集めるのは不可能に近い(しかもほぼ容量満タンなのだ)。完全に消失するとかなりのダメージなんだよなあ。それはそうとなぜかスキャンログにgpgkeyschecked.yumとかautofsckなんて出てくるんだけど。このHDDがLinux運用に関係したことないはずなんだが・・・仮にFinalDataが内部でLinuxコマンド使ってたとしてもyumはないだろ。いろいろ理解できん。んでFinalDataでダメだったらどうすべ?HDD Regeneratorくらいしかもう残ってないぞ。

開始から1時間と20分経っても動かない。700万クラスタ過ぎた頃からもっと恋しくなった残り時間が一気に減りだした(それでも24時間くらいだが)。1クラスタあたり約4KB、2時間で30GBってところかな。途中経過ではあるがファイル総数26万に対して検出ファイル23万。差分の3万ファイルは普通にOSで削除したぶんかな。つか、そもそも音楽ファイルだけで23万もあるわけないわw せいぜい2~3千ファイル程度のはず。俺の記憶違いで、音楽データ放り込む前に何かに使ってたのかな。んまあスキャン終わればいろいろわかるだろう。

開始から5時間で2800万クラスタ消化、あと13時間になってる。ああ、角速度一定だからプラッタの外周部になるほどR/Wも速くなるわけだ。でも複数プラッタだと途中でまた減速するんだろうか。

閑話休題~空き領域確保とか~

合間に他のドライブの無駄なファイル消したり使わないの退避したりで、常設ストレージ全体で120GBくらいのスペースが出来た。ただCドライブの空きが30GB/320GBとやや心もとない。iTunes用の楽曲をマイミュージックに放り込んでるのがよろしくないのはわかってるんだが、今更別のドライブに引っ越しするのもめんどくさい。META情報が全部ID3タグなりに書き込まれてるならいったんゼロから構築し直すのも手なのだが、恐らくiTunes独自DBに登録されてる情報かなりあるだろうし、購入楽曲の情報また更新するのもかったるそう。

おや?マイミュージックは30GBくらいしかないぞ。何がそんな容量食ってんだよ。とりあえずマイドキュメントが213GBを占めてるのはわかった。どうやらマイピクチャだけで140GBもあるようだ。撮影データは専用HDDに放り込んでるしパケ写やら長年溜め込んだおっぱい画像やらでそんな量食ってるとも思えんのだが・・・。ああ、コミックのデータだけで110GBもあったわw 画像は画像で専用ドライブがあるのだが、ZIPとかRAR書庫をビューアで参照しようとするとやたら時間かかるんで、よく読むのとかお気に入りを展開しておいたのがマズかった。テラフォーマーズ残して全部移動。ランダムアクセスばっかりなのだろう、残り18時間なんてなってるがついでにデフラグと思えばどうということはないわ。シーケンシャル領域もあるだろうから実際には3時間くらいで済むだろうし。ただ相変わらずFFCでの移動中は処理がめちゃくちゃ重くなるのがなんとも。

結局転送は読み通り3時間くらいで終わったんだけど、元ファイルの削除だけでかれこれ20分くらいかかった。ディスク状況をデフラグで分析したらそりゃまあひどい虫食い状態だわ。いろいろ見た中ではLocal Settings\Application Data\Microsoft\Media Player\のwmdbファイルがけっこう肥大化&断片化するようだ。ACDSeeのキャッシュやVirtualPCのVHDファイル同様、定期的にFFCで移動&移動でスッキリさせることにしよう。あとは断片率4桁以下&100MB以下なので無視できるレベル。VHDファイルの断片化はもう諦めるしかないが、なにもCドライブに置いとく必要もないので移動すべ。

VHDファイルは当初は10GBもありゃ十分と思ったんだけど、たて続けにDRM解除しようとすると少なくとも20GBくらいはないと不便とわかったんで、Dドライブに移すついでにバーチャルディスクウィザードで変換してみることにした。まず容量可変への変換を試みたのだが30分以上経っても半分から先進まない。20GBの容量固定への変更も同じで、どうも10GBから先に進まない。なんじゃそりゃ。XPというかNTFSで1ファイル10GBなんて制限聞いたことないので、元の設定容量が足枷か何かになってるのかな。試しに新規で20GBのバーチャルディスク作ったらスンナリ出来た。しょうがないなもう。バーチャルディスクは1つのプロファイルごとに3台まで設定できるので、元のVHDファイル(起動ディスク)はそのままにして今作ったバーチャルディスクをデータドライブとして追加することにした。これでよしとするべ。

もう一台マシンがあれば仮想環境移行をあれこれ検証できるんだけどねえ。

新規環境でWindowsMediaのセキュリティコンポーネントを更新すると漏れなくIndivBox.keyが8015になっちゃうんだけど、環境をどこまで汎用化できるのかがDRMスレ住人の間でも試行錯誤が繰り広げられてる。たとえばWGA(OSのライセンス認証)はクリアできたとしてもDRMキー生成のファクターはまた別で、とりあえずVM Ware系での仮想環境移行はCPUID偽装での成功例があるんだけど、VPCではまだ。

閑話休題~マイドキュメントの場所と中身とか~

マイドキュメントの場所は上記のように変更できるので、どうせ俺しか使わないしなるべく短いパスでなおかつ8.3形式で扱いやすいように“C:\Home”ってしてる(C:\Documents and Settings\baron\My Documentsとかウザいわ)。システムドライブにあれこれ溜め込みたくないからほんとは(デスクトップともども)別ドライブにしたいところなんだけど、そーするとマイドキュメントに何か保存しようとするたびに“ファイルの移動”になって、それはそれで勝手が悪いんだよね。NT6以降、要するにVistaやら8ではプロファイルの扱いがNT5.1(XP)までと違うのでもっと柔軟になってるといいんだけど、ファイル管理手法そのものを抜本的に考え直したほうがいい気はする。

マイドキュメントと同様の理由でffmpegなどのコマンドライン系ツールもだいたいC:\Tools以下に放り込んで、環境変数でパスも通してる。C:\以外の各HDDのディレクトリ構成はドライブレター以下、\Home, \Shared, \Tempが上位の基本構造で、コマンドラインでのアクセスでも極力LFNを使わなくてもいいよう工夫してる。ちなみに\Homeはバックアップとかに使ってるんだけど、フォルダ名をマイドキュメント内のそれと互換性を持たせて検索性や見通しを良くしてる。動画やら何らのデータは\Shared以下にカテゴリーごとにサブフォルダ作って放り込んでる。\Tempは文字通りテンポラリ、未整理未分類のデータはいったんここに放り込んだり、C:\Tempの代替として使えるようにしてる。ffmpegに限らずマルチメディア系の海外ツールって2バイト文字未対応なのが多いけど、こんな感じでやりくりしてるのであんまり困ってない。

あと動画の類は特に問題にならないんだけど、音楽データってアルバムごとにZIPかRARで固めて保存してるから、気軽に再生するには向かないのもどうにかならんかなあ、と。無圧縮ZIPなら再生できるプレイヤーいくらでもあるけど、iTunesはおバカさんなので無理。おバカさんってよりもiPod連携考えたらアーカイブのままだと扱い不便だからしゃーないわなw MKAも無理。とまあiTunesについてはこれまで文句しか書いた記憶ないけど、美点もあるにはあって、曲ごとに再生開始&終了時間やイコライザのプリセット、ゲインなんかを設定できるのはけっこう便利で重宝してる。新しいビジュアライザもなかなかよく出来ててパターンがランダムに変化するからフルスクリーン鑑賞してても飽きないし(ときどきガミラスの遊星爆弾みたいになるけどなw)。何の話だっけ。

そもそもだな、起動ディスクをあんまり大容量にするとトラブったときのリペアが面倒になるだけなので理想は100GB程度、せいぜい500GBがいいとこだろ、ってのが持論なのだが、その上でマイドキュメント≒システムドライブに放り込むユーザーデータってどういうのがふさわしいんだろう。撮影データは論外だし、動画も1TBなんてあっという間、音声だって全部は無理。使用頻度が高く、かつマルチメディア系あたりと比べて増加曲線が緩やかなものってところか。編集頻度の高さでいえばまずB地区のローカルデータだが、7年がかりで30GBだからこのままマイドキュメントで問題あるまい。画像のうちパケ写はちゃんとDB化してるおめでたい野郎なのでマイドキュメントのほうが都合よいな。撮影データもレタッチ済みのものは残しておいていいだろう。iPodで聴く曲限定なら音楽もありか。あとはネットサーフィンの合間にダウンロードしたような細かいファイルかねえ。錬成済み濡れ場はほっとくとえらいことになるので退避対象。過去のお仕事データも退避済み。あとは何だろう。

ひとまずこれで気が付いたら空き容量5MBで涙目なんて状況には陥るまい(先々週なった)。

・・・12時間経過

7000万クラスタ消化、あと4時間半まで扱ぎつけた。とりあえず一眠りするわ。

2013-03-28 遠き春よ~ /

iTunes、バージョンアップのたびに使いづらくなるのどうにかならんのか。あとディスクアクセスが多すぎて自分がノイズ源とかアホだろ(とっととUSBオーディオにしろ。

濡れ場

マリネラと奴隷島の区別がつかない

なぎら健造がケジメつける気なさそうなので「地獄のレディアタッカーズ in 新・奴隷島ファイナル with 女豹 ~そして奴隷街へ~」を勝手に考えている。そいや俺が書き込まないと勝手に考えるスレは即効でdat落ちしてそうな。

その奴隷島の正体はずっと謎に包まれていたのだが。

何の違和感もない。

パタリロの第一話はロンドンで完結してしまうためイントロでマリネラが初登場するのは第二話の「墓に咲くバラ」なのだが、

この時点ですでに「南海に浮かぶ小島」と明記されているではないか。

単行本3巻では珍しく夜の島が描かれているが、ここでもはっきりと「南海にうかぶ小島」とある。これでもう間違いない。奴隷島はマリネラそのものだったようだ。あの国王のこと、オゼゼのためなら吉田代議士と手を組んでいてもまったく不思議はない。

舞台がはっきりしたことでシナリオのディテイルも詰めやすくなりそうである。ただレディアタッカーズと奴隷島と女豹と奴隷街を盛り込んで、果たして4時間尺でも足りるかどうか。やはり女豹と奴隷島に絞るのが懸命なのだろう。

参考:奴隷島最終章のストーリーを勝手に考える

そんなわけで、「地獄のレディアタッカーズ in 新・奴隷島ファイナル with 女豹 ~そして奴隷街へ~」をイメージしたMADムービーを作ってる。手持ちのソースが解像度違いばっかりだわ島は奴隷で使えそうなシーン少ないわ、すげーめんどくせえ。BGMはそりゃ奴隷島の使いたかったんだけどSEなし音源が手に入らないし、旧奴隷島ファイナルのサンプルのBGMって手もあるにはあったんだが30秒しかないのでACE COMBAT ASSAULT HORIZONのKeep Alive / にしてみた。ACAHのサントラって数は多いわりにまともな曲少ないんだけどこれは気に入ってるんだよね。イントロはわりと奴隷島の世界観に合ってると思うし。ノリは女豹っぽいし。途中のリフ炸裂するあたりはじったのムチ連打っぽいし。

企画倒れに終わる予感はするけど、AVのMADってあんまり見かけないし、これ完成したらなぎらもその気になってくれる、と思ってがんばるよ。

メモ

動画のお勉強は継続中。外部リソースにアクセスできないので未知の要素が出てくるとすぐにストップしてしまうものの、とりあえずGOP周期とかBフレ数とか前後参照範囲、x264のオプションやらいろいろいじって出力の違いを比較したり。ひとまず大雑把な実写セッティングは固まりつつある。

解像度とアスペクト比絡みの設定は足踏みのまま。こういうソースではこういう設定、というパターンはある程度把握したんだけど、NTSCやPALのちゃんとした仕様がわからないのでそれぞれの変換の規則性を理解できずにいる。色空間も似たようなもので、ネットに繋がってたときもアニメ向けセッティングの類はいろいろ見かけたんだけど、これまたNTSCやPALの仕様まで踏み込むととたんに暗中模索というか。別にパターン限定でも構わないんだが、濡れ場向けセッティングってのは見かけんのだよ。当たり前か。

TVMW5の設定とか

いろいろわかってきた。いい加減なものが多い拾い物動画なんかをソースに再エンコする場合、ファイル入力プラグインで内蔵の各種リーダーを無効にしてDirectShowのソースフィルタ使ったほうが読み取りでエラーを起こさないようだ。ただリソース食いまくる(解析とエンコードでそれぞれ別にフィルタが必要な感じ)ので同時にいろんな作業するとヤバげ。映像デコーダーでCUDAは使わないほうが無難。クリップ編集時のシーンチェンジ検出は実写で“やや強い”、アニメで“やや弱い”くらいが作業しやすい。無劣化編集はできないかと思ってたけど、MPEGツールでMKVのmuxもいちおう可能。ただ字幕はダメだしカット編集の無劣化結合も相変わらず未対応。何がVideo Mastering Worksだ、名前負けにもほどがあるわ。んまあカット編集の全体的な使い勝手とかキャッシュ化によるフレーム単位の編集性とか明確な美点があるだけ他のいい加減な有償ツールよりはずっといいんだけど(じゃなきゃわざわざカネ出すかい)。タイムラインモードはインターフェイスや使い勝手の面で詰めが足りないものの、トランジッション(楽しい)もテロップもその他フィルタも充実してて簡易制作であればこれだけで作業が完結できるくらいよくできてると思うので次バージョンに期待だな。MKVの字幕muxもなんとかしろ。

2013-03-26

ご近所もすっかり満開で。

そんなわけで、やっと17-50mm出動だ。F2.8通しの恩恵もワイ端17mmの効果もまるで意味のない作例。手ブレ補正の出番もなし。ちなみにVCオンにするとかなり動作音がデカい。効果は2段分くらいは確実にありそう。開放時のボケ味と手ブレ補正効果はこっち見てもらったほうがいい(肘固定はちょい反則だけど、それでも1/4秒でこれなら上等だべ)。

収差は44mm程度だと気にならないけどテレ端はタル型が顕著。んまあしょうがないよ。

それよりも、CFをPCに繋いだら転送完了直前にCRCエラーが発生。そのまま中身が消失した。転送したぶんは無事だったけどカメラ本体で確認しても未フォーマットになってるし、怖くて使えん。ひょっとしてNANDが書き換え回数の限度に達してるのかねえ。長いことご苦労であった。

・・・ひょっとしたらリーダーに問題ある可能性もあるので580円で叩き売りしてたエレコムのMR-K010BKを買った。適当に100枚ほど撮って転送した感じでは問題なかったのでもうしばらくこのCF使うか。USB3.0対応リーダーは、CF買い足すときにしよう。

濡れ場

男優メモをいろいろ加筆修正中。念願の安芸武スペシャル澤田謙二スペシャルも追加しといた。澤田謙二スペシャルのほうはちゃんとプレイリスト化していろんな作品の澤田節をまとめたい。特にドラキュロン星人は絶対欠かせないので。

2013-03-19

いきなり屁理屈というかB地区にアクセスできなくなった。カネは払ってるので強制停止ではないはず。ちょっと調べたらホストのIPが変更されてることに気が付いた。そりゃ名前解決できるわきゃねーわな。

メモ

クラウド環境の回線移行に伴うホストのIPアドレス変更が原因と判明。

先日よりお知らせしておりますとおり、カゴヤ・クラウド/VPS のサービス品質
向上を目的といたしまして、インターネット接続回線の移行作業を実施いたします。

それに伴い、お客様にご利用いただいております該当インスタンスにつきまして、
下記の日程で当社にて移行作業を実施させていただきます。

※既にお客様で移行を実施いただいております場合には、失礼の段何卒ご容赦の
 ほどお願い申し上げます。

------------------------------------------------------------------------
開始日時:2013年3月19日9時から2013年3月20日9時の間に移行作業を開始いたします。
     ※開始時と完了時にメールが送信されます。
     ※終了時間はインスタンスの容量やファイル数により異なります。
移行理由:新しい回線への切り替えのため
影響範囲:b-area.org
影響内容:移行処理が終了するまで該当インスタンスへ接続できません。
------------------------------------------------------------------------

※回線移行に伴いインスタンスのIPアドレスが変わります。
※移行後のIPアドレスは自動割り振りのため事前にお知らせすることができません。
※100GBを超えるインスタンスは、数時間から数日かかる場合がございます。

ずいぶん前にちゃんと案内はきていた('A`) ネームサーバのTTLは120秒に設定してるので30分ほどでFQDNでのアクセスも復旧。

なお屁理屈の記事は月単位でファイル化しているが、利便性のため/monologue/home.htmlへのアクセスを.htaccessを使って当月にリダイレクトさせている(home.htmlをブックマークしとけ、って話)。そのため今回のようにIPベースでしかサイトを開けないような状況だと、Apacheの仕様上リダイレクトが行われず記事にアクセスできないことがわかった。やっぱり月別インデックスとして/monologue/index.htmlも用意する必要があるかね。

リダイレクト元は(.htaccessに記述する場合)カレントならファイル/ディレクトリ名のみでも構わないしサーバールートからの絶対パスでもよいが、リダイレクト先はhttp://から始まる絶対パスが記述ルールなので、リダイレクト元と同一ドメインであったとしても省略してはいけない。また同じリダイレクト元に複数のリダイレクト先を設定することもできないので(最初の指定しか適用されない)、FQDNが使えない場合IPアドレスで、なんてのは無理。

過去の錬成物が正視に耐えない

なんのかんので10年以上前から自炊やってるにも関わらず未だに最適なエンコードができてる自信はない。んまあ理解の幅が増えたぶん、どこの詰めが甘いかはわかるようになってきた。改めて過去の錬生物を見直すと、激!極最近までずいぶんいい加減な設定で済ましていたことに気付く。なんだかなあ。拾い物の動画がてんでバラバラで、自分向けに統一しようと思ったのがキッカケだったくせに、自分で作ったものもけっこうバラツキがあるとか、もうね。

そんなわけで、そもそもここんとこご無沙汰だけど、しばらく濡れ場錬成は見送ることにする。クレクレ君はもううちのことはスルーしてもらって構わんよ。

イメビで音源を捜す発想はなかった

未見の動画チェックしたんだけど、イメビの「エロワンあおい」、出演者の佳山あおいはよく見ればただの優木あおいだった。アイドルを装って着エロDVD等を出すAV女優スレに報告するまでもない。内容はどうでもよくなったんだけどそのままダラダラ流してたら、なんだかよく耳にするメロディ / が。わかる人にはわかる。SEなしのフルバージョン聴くの初めてかも。こいつはブッコ抜くしかあるめえ。

そんなわけで、他にもお気に入りのBGMがイメビで使われてないかあれこれ調べまわっている、なんともおめでたいAV漬けのギガ男爵である。いや実際、イメビって絡みとか電マ使うようなシーンを別にすればBGMに余計な音が混じらないんだよね。うまくヒットすれば音源として使えるわ。音質もiPodなりで聴く程度なら十分だし。

・・・発売元のワンダーランドの作品をいくつか洗ってみたところ、さらにエンディングっぽいの / が1曲見つかった(確認したらガデス3のエルピダ(水嶋あずみ)のアクションで流れてた)。手持ちはこれ以上の収穫はなかったが、この手の音源はきっと音響の人の好みが一致すれば使うライブラリが似通ってくるだろうから、気長に探そう。ガデス3では綾崎悠(稲川なつめ)のアクションで流れてるBGMはムラムラくる素人・・・のサンプルでよく耳にしていて、ボーカルまであったとは知らずびっくりした。これのSEなしフルバージョンはぜひ欲しい。つか、「ガデス」の印象が強いけど「ミラーレディー」のOP / でもすでに使われてたり意外と古いんだな。

2013-03-17

おたんじょうび。誰のだ。知れたこと。

競馬

第61回阪神大賞典

トウカイトリック8度目の出走。え、ゴールドシップの無双街道の始まり?んまあそれが世間一般の認識だわな。俺もそう思うし。

そんなわけで、エルっ仔にとって2度目の誕生日開催なわけよ。もちろん2回経験したのはトリックのみ。なんかハレー彗星を2回見たら縁起がいいとか、そういう領域だわな。回ってくるだけでいいよー、と祈りつつも単複はPATで買っておく。万葉から10kg絞れたのは好材料だしね!

浜中は1枠でスムースなスタートからインをじっくり。ゴシップが上がってきたのと同時にスパート、ここまでは得意のパターンだったんだけど、そこからなんかギクシャクした感じ。気持ち仕掛け遅かったかな。あとさすがにトシだわw でもいつものようにジリジリジリジリジリジリジリジリとトリックなりに伸びて掲示板確保とか、馬主孝行もここまでくると尊敬なんてありきたりな言葉じゃ語れないわな。ゴシップも相変わらずスタートで動かんなw いっしょにマクったペールドインパクトに格の違いを見せつけた、というよりもゴシップ以外の馬が勝負のやり方間違ってるとしか。

5着 トウカイトリック(浜中騎手)

「ズブいところがありますが、よく追い上げてくれました。11歳ですがすごい馬です。もっと距離があってもいいくらいだと思います」

お前まさかトリックのこれまでのレースひとつも見てないのかよw

・・・トリックは人間でいうところの中性脂肪になかなか火が着かない体質なのかな。一気に燃焼しないぶん爆発力はないけど長時間エネルギー供給できる感じ。助走に3000mってのはまんざらネタでもないのかも。やっぱり最強ではなく最長のステイヤーだわ。

メモ

AV実写向けのx264設定をいろいろ追い込んでいるのだが、GOP構造で迷いまくっている。シーク性命の俺としてはあんまり長くしたくない。そーすっとあんまり小さくならないんだよな・・・うーむ。

2013-03-16

濡れ場

じった引退のソース記事が少し修正されて、前回は4ヶ月で戻ってきましたとの追記w

そんなわけで、ほっといてもよさそうなので、これ以上は触れないことにする。

メモ

お勉強コーナー | 動画再生の記事を分割した。いくらなんでも長すぎたし。

freebackdoors.appspot.comとは何ぞや

ある検索結果でうちの記事がヒットしたんだけど、URL見るとラッパーみたいな感じでこいつの配下になってた。freebackdoorsというホスト名が果てしなく気持ち悪いんだけど、実害があるのかどうかさっぱりわからない。SEO対策のバックリンクロボットみたいなものなら気にしなくていいんだが・・・。

いつの間にかこのホストのページが全部503 Over Quotaに。自宅鯖か何かで実験中なんかね。んであっという間に設定容量超えちゃった、と。ん?appspot.comにアクセスしたらGoogleAppsのログインページに飛んでいったぞw 確かに503のエラーメッセージはGoogle大先生の書式だわな。いろいろキモいよマジで。

2013-03-15

今さらだけど、「重力の井戸の底で」でジオン残党が潜伏していた連邦の戦艦の残骸、あれ艦式なんだろう。フォルムからペガサス級のどれかなのは間違いないとして、カタパルト形状見るとグレイファントムあたり?

衛星軌道上から落下した残骸にしてはここまで原型保ってるの不自然なので地上運用されたものではあるんだろうけど、このクラスの艦艇がこんなところで破棄されるような戦闘って既知の作品から得られる情報にあるのかしら。少なくとも俺の記憶にはないわ。

濡れ場

「極道の妻たち NEO」で原田夏希が濡れ場とのこと。フタを開けてみるまでは油断できないが、旬のうちに脱いでくれるのはありがたい。つか池田夏希とごっちゃになるわ。

花岡じった引退だと!?

アタッカーズスレに突然そんな書き込みが。

参考:花岡部活やめるってよ - すそ洗い

え、藤原ひとみもかよ。可愛い顔してハードな絡みこなすから大好きだったのに。

じったが本当に引退するとなると、侵入者シリーズはもうおしまいか。他に適役いないし、じった以外の配役で無理に続けて欲しいとも思わないし。でも花岡さんは、どーせすぐ性欲が疼いて戻って来るとは思うのですがという冷静なコメントがちょっと面白い。俺もそれを信じてる。

・・・アタスレがおかしな方向に。

164 :名無しさん@ピンキー :sage :2013/03/15(金) 16:53:18.93 ID:DS07GIFa0
    じったがいなくなったらアタはどうなるんだよ
    もうノーベル賞獲ったあの先生にお願いして出演してもらしかないな・・・

165 :名無しさん@ピンキー :sage :2013/03/15(金) 16:58:12.18 ID:+r2zk4HF0
    じったのIPS細胞からもう1人じったを作ればいいよ

166 :名無しさん@ピンキー :sage :2013/03/15(金) 20:09:36.03 ID:CZCgLQ/L0
    晩年全然気持ちよさそうにならず演技演技してたおれの如月カレンさんから
    唯一犯されてるのに超きもちいい感を引き出すことに成功したじった引退か
    無念

167 :名無しさん@ピンキー :2013/03/15(金) 23:20:31.44 ID:1vzdw0FeP
    じったは本格的に俳優になるのかな
    ラムスター宇多丸も映画批評で誉めてたし

168 :奴隷 :sage :2013/03/16(土) 07:40:45.98 ID:vzNEVG9l0
    クローンじった10体による全方位ファック、侵入者じった鬼畜輪姦~じった色のステージ~

169 :名無しさん@ピンキー :sage :2013/03/16(土) 07:51:45.41 ID:e3qKZkJ90
    アタッカーズアベンジャーズ 最強ヒロインvsレイプ魔

    奴隷島を舞台に繰り広げられる最後の抗争!
    拉致された女の救出に向かう女豹&女狼&女狐、
    しかしそれは松岡組長の周到な罠だった・・・
    待ち受けていたのは吉田代議士操るクローンじった軍団!

170 :奴隷 :sage :2013/03/16(土) 07:54:51.31 ID:vzNEVG9l0
    それほんとに出したら10万円くらいでも買うぞ。

    「じったの目の前で犯されて~俺があいつであいつが俺で~」
    出演者は全員じった 

とことん愛されてやがる。169はモロ俺好み。

GIGAとアクションシーンと

最近知ったのだが、橘ひなたが首を痛める怪我、小橋咲が急性膀胱炎起こして撮影中断、なんてことになってたらしい。女優自身がアクションやるのは嫌いじゃないんだけど、無理して取り入れて欲しいとはまったく思わない。頑張ってる女優さんには申し訳ないけど、スタッフには「作品の本質を見失うなよ」といいたい。アクションに限らず、内容の線引きって見てる側からじゃ判断しようがないのでマジで頼むわ。

小橋咲に関しては、女優を責める連中の思考がマジで理解不可能。じゃあどうしろと。女優自身が自己管理きちんとするのはもちろん大事だけど、作り手が線引きしないことにはバッキーの二の舞だぜ。

メモ

ときどき720x478という謎の解像度の動画を見かけてなんでそんなハンパな値なのか不思議だったんだけど、元がPALの720x574をNTSC用にリサイズすると720x478になるらしい。でもNTSCのD1は720x486。もっというと走査線の本数そのものは525本。720x480ってのはNTSCのDVらしい。576も478も486も16の倍数じゃないからDCTの関係でエンコには不向き、ということはわかる。

アス比と解像度についてはまだまだお勉強不足。NTSC-D1の720x480をエンコする場合704x480にしないと横に黒枠が残る理屈もよくわかってない。D1→DVの違いなんだろうけど。アス比にはPAR:ピクセルアスペクト比、DAR:画面アスペクト比、SAR:サンプルアスペクト比の3種類があることは理解した。DARをSAR(Screen AR)とする場合もあるので文脈で判断、とも。ウザいので屁理屈ではきちんと分けて扱う。エンコードでは出力の際、PARかDARのどちらかを指定することになる。

んで、720x480のD1ワイドをDVにする場合、704x480のDAR19:9にする以外に解像度はいぢらずPARを40:33にする方法もあるようだが、それだけだとソースによっては黒枠が残るものもあって、違いがわからない男、ギガ男爵としては悩ましい。元ソースが規格に準じてない、ってことなんだろうか。たとえばHDの映像をNTSC-D1放送向けにダウンコンバートした場合なんかで、PARがおかしなことになってたりするようだ。

参考:Video_resize - 森田の講義まとめWiki

そんなわけで、因果関係を気にするようになったのわりと最近なので、きっとこれまでの錬成物にもおかしなものがたくさんあったと思う。

2013-03-13

クリップ

救出に貢献したにもかかわらずいつものようにアダルト動画サイトをのぞいていた男性という扱いで盛大に噴いたw

ライブチャット中にSOSというのは新しいパターン

いろいろ興味深い。FC2チャットっぽいけど、リアルタイムで見てた奴はたまげただろうなあ。運営してた連中の経歴に元AV制作会社ってのは印象操作かな。まあ相手に弱みがあるからって週給4000円じゃ、危ない橋渡ってるのに自陣に地雷撒いてるようなもので謀反にあってもしゃーないわ。もっともSOSっても女の子の役割考えたら命の危険に関わるようなものではなかったはずで、単に割に合わないからやーめた、ってことだわな。かといって家に戻っていいことなさそうだから、また似たようなこと繰り返すんだろう。バカのドミノ倒しというかなんというか。出演を強制させられた、ってなれば女の子が児ポ法で立件されることはないのかな。週給4000円が対価として認められるかどうかがカギになりそうな気がする。

デスクトップはドスパラっぽい。今回の子だけでこんなに台数は要らんだろうから他にも何人かおねーちゃん使ってたんだろう(全員一律で4000円だったら鬼だわw)。毎月100万円の暴利というのも全員でなのかこの子だけでなのか、それによって暴利かどうか変わってくるな。

そんなわけで、誰かこの子の動画うp頼む。と書くだけでDL禁止法に引っ掛かるんだろうか。

濡れ場

やっと続き一巻の続きを鑑賞。

「仮面菩薩センジュリアン 第二巻 シヴァ・凌辱編&第三巻 ヴィシュヌ・洗脳」

AVに限らんが、初見は予備知識をあまり持たずに鑑賞するのが基本スタイルなので、2巻以降は時代を経た続編やアナザーストーリーかとばっかり思ってたんだけど、同じ世界に同時に複数存在する設定なのな。

2巻でやっと絡みのシーンが登場するも、終始フルフェイスのマスク着用。素顔が見えないのはもちろんだけどベロチュー&フェラなしは大幅戦力ダウン、マスクフェチならいざ知らず俺はガックリ、春原未来好みなのに残念。ただこのマスク、造詣が変わってるだけでなく瞼がちゃんと開閉するなかなか凝った作りで、変身シーンだけでなく絡みでも絶頂を迎えてぱっと開いたりするのはちょっと面白かった。アクションシーンも中の人は本人。フルフェイスマスクならスーツアクター使い放題なんだからアクションシーンにはこだわって欲しいんだけど、この造詣だとあんまりそういうイメージじゃないんだよな、むしろ呪文系や特殊能力系というw

ちなみに、ただでさえGIGAはバッドエンドが多いのにここ最近はそれが顕著だったんだけど、本作は珍しく1巻2巻とハッピーエンド。当初は豪勢にディナーを楽しんでいた教祖様大総統(栗原良)も3巻冒頭の食事シーンでは咳き込みながらレトルトをすすっていた。対比の見せ方が効果的でよい。それにしてもこの人もいい歳なのに未だに体張る役ガンガンやるよな。栗原良がスーツアクト出身なのは有名な話だけど、やっぱり根っこが役者なんだな、と実感するわ。お気に入り男優の五本の指に入ってるのもそういう部分が好きなのかもしれない。

3巻は洗脳がテーマだけど、なんだかよくわからない発明で強引に洗脳じゃなく疑問を抱かせてきっかけを作り刷り込みを行う、と理屈は通ってる。架空の話だからってなんでもかんでも四次元ポケットに頼るのはあまり好きじゃない俺としては好印象。ただそういう緻密なプロットは出る人を選ぶので、Alice(鈴木ありす)が演技gdgdでなくてよかった。流れ的に絡みが和姦なのはいいとして、予感はしていたもののやはり最後までマスク着用。やれやれだぜ。どうやらこのマスク、まぶたの開閉機構のなさそうなものやまつげがあったりなかったりでいくつかバージョンが存在するっぽい。

ラストで属性が裏返り世界に仇なす存在となるあたり、メルピュアの鈴木ありさ(まぎらわしいw)が印象的だったっけ。あとは教祖様強すぎ。お前どこでその力を手に入れた!と聞きたくなるわ。

これで三部作完結。と思ったら“続く”だって。マスクの造詣やコスチューム、使用武器の作りはイロモノっぽいし千手観音の化身とカルト教団トカゲリラ教(最高職が教祖じゃなく大総統ってのがわからん)という構図もコミカルなので、以降のシリーズ化は難しそうだけど既存のキャラクターは手垢がつきすぎてるしオリジナルは王道しかないので、たまにはこういうのもありだな、というお話。3人の女優の仲では1巻の木崎実花が一番よかったから、直接の続編作るなら彼女をまた。今度は絡みありで。マスクはなしで。

2013-03-12

濡れ場

「サムライプリンセス 外道姫」

リアル残酷系は苦手なんだけど、コミカルホラーとなれば話は別だ!

いかにも外人さんが喜びそうな片腕マシンガール系のエログロワールドだけど、ギミックにいろいろ凝っててけっこう面白かった。希志あいのって演技はそんな上手じゃないけどVシネとか映画出演目立つのう。この頃より今のほうがさらにスレンダーってもうよくわからない。そして共演者に脱いでる作品がないかどうか調べてまわるのが楽しい。

なんちゃって引退 vs 改名新人詐欺の仁義無き戦い

引退でいえばあべみかこも20日発売の「これで見納め 完全引退!ワタシ普通の女の子に戻ります。あべみかこ」でラストのようだが、何しろピーターズだからなあ。女優スレ住人も慣れたもので

941 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:2013/03/11(月) 23:46:31.40 ID:D/xfjzAP
単純にピーターズとの契約終わっただけでそーゆー意味で引退だろ 
どうせ名前変えて出てくるからお前らに任せるわ 

抜き手にとって専属であるメリットって特にないし、それがSODあたりじゃ良作の可能性がグンと減るのでキカタンであってほしい。

来月は緒川凛のMUTEKIデビューか。MUTEKI経由って真のAVデビューでの興奮とか感動を著しく損なってるよね。ドラマ系作品で絡みの前にいきなりおっぱい晒しちゃうような感じでさ。まあ出るほうにとってはワンクッションあったほうが抵抗が軽くなるのかもしれんけど。

新メーカー、

去年デビュー組で一番気に入ってる板野有紀の新作「白と黒のあいだ 」の発売元のテンパラメンタルって初めて聞いたんだけど、やっぱり新メーカーだった。ググってもまったく情報出てこない。

メモ

AsfBin Masterでインデックス再構築したWMVの映像に不具合が出る

AsfBin Masterは分割されたWMVやストリーミングソースなどインデックスが不完全でシークの悪いWMVファイルをサクッと直すのに便利で多用してるんだが、再構築後に再生してみるとシーク性は改善しているものの映像に乱れを生じているものがあった(ちなみにソースのFourCCはWMV3)。理由はともかくインデックス再構築によって引き起こされたのは間違いないので、とりあえず再生して問題がないことを確認するまで元のファイルも残しておくことにする。

これ厄介だな・・・対処方法の見当がつかないわ。今のところ可変フレームレート(解析したら13~30fps)の解釈が原因で何かが起こったくらいしか思いつかないし、その推測が正しかったとして「じゃあどうしたら?」って話だし。そりゃ再エンコすりゃ簡単だけどさ、何かに負けた気分じゃん。

WMVConcatを使ってみる

他にもWMV(厳密にはASFコンテナ)のインデックスを修復できるツールはありそうだが、AsfBinフロントエンドだと結果が同じ気がするのでこれを使わないものを探してみると、WMVConcatなるものがあった。中身はWindows Media Format 9.5 SDK付属ツールのWMVAppendをベースにしているようだ。公式ツールなのは心強いがWMF9.5SDKはMS公認のWMV地雷バージョン(FourCC:WMVA、WMP10に相当)で用いられたものなのでちょっと不安。まあ、物は試しで。なお元ファイルは尻切れとは判定されないものの、ファイルエンドまで読み込まないとトータル時間がわからない、典型的なインデックス不良を起こしている。

WindowsMediaVideo 9は3つのバージョンが存在し、VC-1の規格に組み込まれていないWMVAが鬼子となっている。詳しいことはお勉強コーナーのWindowsMediaVideoで触れてるのでそっち読んでくれ。

結論からいうと全然問題なし。WMVConcatで映像もシーク性も改善された。今回は元の映像がWMV3(WMP9に相当)であるが、内部の処理はWMAPI経由でwmvcore.dllが行っているらしいので、対象がWVC1(WMP11以降)であったとしてもwmvcore.dllのバージョン・・・要するにWMPのバージョンが新しければ大丈夫と思われる。処理時間はファイルにもよるけど、AfsBin Masterに比べるとけっこう長いかも。なお処理後のファイルを比較してみると

  • オリジナル:323,559,172 バイト、再生時間:1h02m46s
  • WMVConcat:323,308,021 バイト、再生時間:1h02m45s
  • AsfBin Master:318,940,899 バイト、再生時間:1h02m42s

なるほど再構築後のほうがファイルサイズ小さいのは再生時間が削られてるぶんか。AsfBin Masterの4秒はちょっと大きいのう。なおwmvcore.dllはIndivBox.keyのアレと関係が深いので、DRM解除にいそしむ人は注意。両者のバージョンが揃ってないとたぶん各種ツールが正常に動作しないと思う。

そんなわけで、すべてのケースでこうなるかはわからないのでしばらくAsfBin MasterとWMVConcatを併用してみることにする。

参考:gir-lab's Wiki | WMVConcat(Cache)

作者サイトはずいぶん前に閉鎖、これは Internet Archiveの残骸。

屁理屈の記事への項目別インデックスが欲しい

特にメモで扱ったことについて。他の誰でもなく俺自身ないと不便だわ。恐らく手作業しか方法はないだろうけど、手順をきっちり決めればすぐ慣れると思う。そのためには長期的に屁理屈のURIに変更が起きないような構成をまず考えないと。下地は1月22日にある程度まとめたっけ。CMSを使ってないから見通しよくするのもいろいろ大変だ。

FFCで移動やコピー中に他の処理が重くなる

確かFFCの存在を教えてもらったのは濡れ場スレだったと思う。以来愛用してる。ありがとう。そうじゃなくて、実行中、動画再生のシークがかなり悪化する。エクスプローラは中身の量関係なくフォルダの読み込みに時間が掛かるようになる。ブラウザもJDownloaderも転送が切れる。AsfBinやWMVConcatは出力が止まる。

以前も多少もたつくことはあったけど、ここまでパフォーマンスに極端な影響が出るようになったのは比較的最近かも。ネット絡みだけなら回線変更が関係してるのかな、とか思うけど何もかもだからなあ。かといって今さら通常の移動やコピーに戻るのは無理。同種のツールを何度も探したけどトータルで見てFFC以上のものが見つからなかった。どうしたものか。

2013-03-11

もう2年も経つわけだ。いろいろ風化しているようでもあり、現在進行形でもあり。

濡れ場

愛内希引退してたのか。初見の「シロウトハンター 15」がデビュー作のようで、以来GIGAや無修正も含めいろんな作品でお世話になった。1年ちょいで引退は早すぎるよ、と思ったけど短い期間でもかなりの作品に出演してるのな。まあ下手な単体女優よりかわいいし演技も絡みもきっちりこなすハズレのない女優さんだから当然かね。むしろズルズル業界に染まったあげくフェードアウト、ではなくきっちり引退できたことをよかったと思うべきか。

GIGA公式に待望のレビュー機能登場

GIGAは旧作の一部を除いてDMMやAmazonなどの大手通販に作品を卸してないので、これまでは公式のBBSか該当スレくらいしか作品の良し悪しを判断する材料がなかった。んまあ公式限定で登録ユーザーのみだから信頼性がどこまであるかは時間が経ってみないとわからないけど、ひとまず一歩前進といったところかな。そんなわけで、屁理屈で書いた記事の加筆修正も含め様子見で数本レビューってきた。

以前はav simple reviewっていうブログがGIGA作品中心に記事書いてて俺もよくコメントしてたんだけど、いつの間にか消えちゃったのよね。スレはいつも荒れてるし、公式のBBSは嗜好のこだわりが強すぎる人ばっかりだし。ああ、俺ももちろんそのひとりだ。

もうATOMはには手を出さない

単体出演は苦手のSMと配信系のStreet Angelだけでまともな絡みのある作品が少ない早乙女心杏「素人限定!高額アルバイト超粘着とりもち拘束!」に出演してるのを知ったので鑑賞したんだが、早乙女心杏はおろか他の出演者も全員擬似本番で生きる気力を失った。ラハイナあたりでこういう手抜きにはよく出くわしたんだが、腐ってもSOD系列だしわりと最近設立だし、とATOMをそれなりのメーカーと思っていた俺が間違いだったようだ。まさかスターパラダイス以下とは思わなかった。そんなわけで、公式サイトをブックマークから消した。二度と見ることはないだろう。

メモ

また頼まれごと。これをひとことで表現するいい言葉は無いものか。

動画のシーンをキャプチャしてサムネイルのコンタクトシートにするツール

サンプル画像と一緒にそういうの知らない?と聞かれ、よく見もせずに「MPC」と即答。Media Player Classicはファイルメニューのサムネイルの保存(Save Thumbnail)から指定した行列に合うようにシーンを切り出してくれるので、動画内容を紹介するのにあちこちで利用されている。

んが、コレジャナイと。確かに出力サンプルをよく見直すと、ヘッダに記載された情報にはコーデックや映像の色空間情報まで含まれている。MPCの設定で表示内容をカスタマイズできるのかと思ったが、そういう項目は見つからなかった。

大人の事情によりサムネイル部分は割愛させてもらおう。EXIFは真っ先に調べたけど元が写真じゃないんだから案の定何もなし。プレイヤーの機能ではなく専用ツールで作った可能性のほうが高いか。そんなわけで適当にうろついてるうちに見つけたのがThumbnail me。日本語化はされてないし日本語記事も数件しか見当たらないけど、目的が目的だけに設定で面倒な部分があるとも思えないので特に困ることは無かろう。とりあえずインストールして手持ちの動画で試してみる。なおソースは「狼の時代」。

サンプル画像のヘッダに載ってた情報は全部ちゃんとある。残ってる差分は、サンプルはヘッダとサムネイル領域で背景色が違った(ヘッダは白背景&サムネイルは黒背景)。またタイムコードが各サムネイルの外に表示されていた。Thumbnail meだとサムネイルのパディング(余白)調整はできるんだけど表示位置をサムネイルの内か外か選ぶような設定が見当たらなかった。ひょっとしたら映像がもともとレターボックスだった可能性はある。なおメニューの日本語表示はできないが、パスやファイル名で日本語が混じってても問題なし。使用フォントにArial Unicode MSあたりを選んでおけばよい。同じかどうかはわからないけど同じようなことはできるので、これでおk、ということにしてもらおう。

参考:動画の場面を切り出してサムネイルを生成「Thumbnail me」

ほかいくつか調べてはみたけど、Video Thumbnails Makerのように専用ツールでもMPCのコンポーネントを使ってそうなものが多い。いろいろカスタマイズできそうなものは次の2つくらい。

Auto Movie Thumbnailer
サンプルに色空間情報はないけど設定がめちゃくちゃきめ細かいからできるのかも。
Scenegrabber.NET
設定はともかく、切り出しのタイミングを任意にできる、というのはポイントが高い。

Thumbnail meも含めこの手の専用ツールのメリットは、保存した画像をそのままオンラインにアップできるほか、バッチ処理に対応していることか。作成頻度が高いなら積極的に利用すべきで、ときどきしか使わないならMPCで十分、というお話。

2013-03-10

今日のメインが何なのかすらわからん。日経賞あたりかな。

濡れ場

国産三級片Vシネの「デッド・プリズン 女囚狩り」鑑賞。琥珀うたはやっぱりドラマやVシネ向きだねえ。顔立ちがはっきりしてるので表情が映えるし演技もけっこうしっかりしてるし。見え見えのシナリオだけど氾濫してる人間狩りを扱った作品の中ではよくできてるほうじゃないかな。

んで、BGMが俺のツボすぎて我慢できない。使われてるのがGIGAとアタッカーズでお馴染みのものばかりなんだよね。しかも奴隷島のエンディングまで流れるとは!んまあAVやVシネで使ってる曲って版権フリーの共通ライブラリっぽいし、そもそもサウンドに携わってる人間の数そのものが少なそうだから、通ってくるのは当然なのかもしれない。

そんなわけで、誰かSEなしの奴隷島エンディングの音源ください。

青春Hシリーズの「狼の時代」も鑑賞。主演の相川由季はなかなか整った顔立ちでたぶんこれが初脱ぎのはず。ただ作りが舞台劇みたいな印象でどうにも抜きづらい(作品として悪いわけじゃないんだよ)。作品的な要素はを無視して純粋にヌードや絡みで興奮する人向けだな。林下友昭は「デッド・プリズン」にも出てたような。

メモ

HFSのコンテキストメニューが追加されない

HFSはFTPライクなHTTP転送を行うサーバーアプリケーション。詳しいことは置いとくして、任意のファイルを右クリックからHFSの仮想フォルダに送ることができることになってるんだけど、HFSのオプションで有効にしてもコンテキストメニューに反映されない。これはきっとアプリケーション由来の不具合じゃないよ、と俺のゴーストが囁いている。うーむ。

そんなわけで、軽くググってUltimate Windows Context Menu Customizerを入れてみた。なんとなくスーパーグレートゴールキーパーみたいな名前がよろしい。日本語化はされてないみたいだけど思ったよりインターフェイスがすっきりしてるので、使い方に迷うことはなさそう。なお右クリックメニューの管理は以前ShellExViewを使ってたことはあるんだけど、なんか雑多な印象で馴染めなかった。

参考:大佐の、大佐による、"みんな"のための生活 | 最高のコンテキストカスタマイズ。

日本語レビュー自体そんな見かけないのは、特に使い方難しいわけじゃないからかな。とりあえず起動する。Desktop絡みの項目を選ぶと“NullReferenceException”エラーで強制終了。XPもサポートはされてるけどVista/7以降で使えってことなのかなあ。ひとまずスルーして、とりあえずFileの項目にAdd to HFSとあるので登録自体はされてる。コマンドラインも"C:\Tools\HFS\hfs.exe" "%1"と判明。だからどうした。

S.G.G.Kはほっといていろいろ調べてたら、ファイルの種類によって表示されるケースとされないケースがあることに気がついた。表示されるのはドライブ・フォルダと実行ファイルやDLL、デバイスドライバなど。画像や動画、音声の各種マルチメディアファイルをはじめアーカイブもテキストも表示されない。どう考えても逆だろw パスやファイル名の2バイト文字は関係ないっぽい。そもそもこれは関連レジストリの修正で済む範疇の問題じゃなかったりするんかな。

レジストリキーにおけるShellとShellexの違い

それでも直感を信じてレジストリエディタを立ち上げてみる。コンテキストメニューに関するキーが何か細かく調べるよりもまず“Add to HFS”で検索したほうが手っ取り早いだろうな。果たして何箇所かで見つかったんだけど、EmEditorやFFCなど他のツールのコンテキストメニューが登録されてるレジストリキーは、たとえば“HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\*\shellex\ContextMenuHandlers”なんだよね。ところがHFSは“HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\*\shell\Add to HFS”。shellとshellex\ContextMenuHandlersの違いってなんだろう。Win32 APIの関数にShellExecuteとShellExecuteExがあるので、それに相当するものかな。ああ、シェル(OS)が標準で持つ機能の範囲ならShellで済むけど、シェル拡張でハンドラの登録が必要な場合はShellexなんだな。HFSがやってるのは標準のCommandキーにコマンドライン登録するだけだからShellで構わないのか。拡張子によって表示・非表示の差が出てくるのはこのへんに理由がありそうな。

そういえば表示されるのは実行ファイルを筆頭に、アプリケーションの関連付けがされてないものだけだ。上位キーは*、つまり任意の拡張子になってるけど、ShellのCommandのキー設定よりも関連付けのほうが優先されちゃうのかもしれない。だから他のツールはわざわざShellexのContextMenuHandlersにハンドラとして登録してる、と考えればいちおう辻褄は合う。でもそんなこと気付かずにみんな使ってるものなのかなあ?

参考:Goditi la vita ! | 進め!中級プログラマー

んまあ、これを手作業でレジストリ調整するのは、面倒というよりもアプリケーションがレジストリをいじる際の妨げになったり見通しが悪くなる原因になるので避けたほうが無難だろうな。おとなしくSend toに登録で済ませるわ。毎回セキュリティ警告が出るのはちょっとウザいが。

ファイルのプロパティから解除できるの知らなかった。一度解除したらもう戻せないのか。

2013-03-09

懸念はしていたが、エンコード時の編集画面でチャプターポイントをきめ細かく指定しようとすると、いちいち抜きたくなってちっともはかどらないことが実証された。

メモ

頼まれもの。

MMname2で“moviチャンクがない”と怒られるAVIファイルの修復

拾い物のエロ動画が開けない、という相談。初心者というわけではなく各種ツールはすでに試しているのでめんどくさそうだな、と該当ファイルを調べてみたのだが。

  • 波動研をはじめ各種コーデックチェッカーでは情報が出る(Xvid+MP3 in AVI)
  • MMname2のレポートではストリーム内容は表示されるものの、ファイル整合性チェックで「moviチャンクがない」と怒られた
  • moviチャンク=ストリームデータそのもの
  • 恐らくほとんどのソースフィルタでmoviチャンクを認識できていない
  • でもGOMで再生はできる→GOM内蔵のソースフィルタはなんとか扱えてる?
  • ファイル終端まで読み込まないとシークができない→インデックス情報不良と同じ挙動
  • GOM以外はプレイヤーも修復ツールも壊滅
  • GOM Encoderなら開けるかも?→GOM Encoderで開けた!
  • でも無料版は10分しかエンコード/muxできない
  • 10分ぶんエンコードしたファイルは無事VLCやMPCで再生できた!

結論:GOMすげえwwwwwww いやマジでなめてたかも。

参考:EternalWindows | マルチメディア入力 / AVIの読み取り

RIFF形式フォーマットの構造についてのわかりやすい図解。LISTチャンク[movi]はストリームデータそのもので、先頭から2048byteの位置から開始するという決まりがある(その後もデータ境界は2048byte単位の固定長)。ヘッダの大きさががこれに満たない場合はJUNKチャンクにダミーを埋めパディングすることで帳尻を合わせている。Windows VistaはかつてAVIファイルを出力する際、JUNKチャンクでパディングが行われずmoviチャンクの先頭がずれるというVideo for Windows APIのバグがあったらしい(ゆえにDirectShowや内蔵コーデックなどで出力されたAVIは影響なし)。果たしてバイナリエディタで開いてみると、正常なAVIであればJUNKで埋められている部分が明らかに存在しなかった。同種のトラブルの可能性があるか。

まてよ。そもそもよく見るとこの動画、AVIコンテナで2.5GBもあるんだけどwww

AVIコンテナそのものの最大サイズは4GBなんだけど、格納するデータはVideo for Windowsの制約で2GBを上限とするのが通例。特に制約なく2GB以上のデータを格納できるのはAVI2(正しくはOpenDML AVI File Format Extensionsらしいよ)でAVIとは別物。ヘッダの構造も微妙に違ってmoviチャンクが2048byte位置である必要がなかったりする。エンコーダによってはAVI出力でもコンテナ上限の4GBまで出力できるものがあるんでひょっとしてこれ、AVIコンテナに無理やり2GB超えるデータ格納してるのか。AVI2であることを示すOpenDMLのプロファイル情報が見当たらないし。やれやれだぜ。

GOMで開けるかは試してみる価値あると思うけど、今回のケースが“moviチャンクがない”と怒られる原因のすべてじゃないよ。んまあRIFF形式の構造理解できればどういうエラーなのかも理解できるよね、ってことで。ちなみにGOM Encoderは最近のじゃないと出力時に正しくmuxできない。ソースフィルタが古いせいと思うので最新のGOM Playerのものに置き換えたら使えるかも。俺は面倒なのでやらない。

そんなわけで、GOMのAVIソースフィルタが変態だった、というお話。感動したついでにWikipediaのGOM Playerの特徴を大幅に書き換えてきた。初心者専用とかオワコン扱いされてるけど、VLCだって未だに2バイト文字との相性の悪さ抱えてるわけだし、使う人によってベストな道具の考え方は違うってだけだわな。

2013-03-08

しばらくPHP触ってなかったから思い出すの大変だ。

メモ

1月に大騒ぎになったJAVA7の脆弱性問題、俺はJAVA6のまんまだったから高みの見物。2月19日のJava 7 Update 15も入れてまた何か起こってもアレなのでいちおう少し寝かせて様子みてたけど、とりあえずだいじょぶそうかね。JAVA6の無償サポートも終わるらしいのでアップデート。

GOM Playerのブックマーク機能に依存しっぱなしの俺が重い腰を上げる季節

まめに屁理屈チェックしてる人はご存知だろうが、俺がGOM Playerを使い続けてるのは他に優れたプレイヤーを知らないからではなく、他に勝手のよいブックマーク機能を備えたプレイヤーが皆無ゆえ。GOMのブックマーク機能とはDVDでいうところのチャプターである。これを任意の位置に手軽に設定できる。俺は気に入ったエロ動画は何度も見るんで、抜きどころ管理になくてはならないものとなった。

GOM Playerのブックマーク機能

“bookmark.iniというファイルにファイルパス+タイムラインの記述”いうシンプルな仕組みで実装されてるから編集も手軽だし何しろ対象となるファイルの形式を選ばないのがよい。ただブックマーク登録済みの動画は5000を軽く超えてるんで、単一ファイルでの管理は無理。とりあえずレーベルごとに別名で保存してる。それでも最近は限界を感じてるし、うかつにファイルを移動するとたいへん面倒なことになるのも以前からの悩みの種。そんなわけで、そろそろ別の手法も考えないとマズい。

MKVコンテナとチャプター

汎用性と高機能でマニア人気の高いMKVコンテナ、俺も最近の自炊はMKVで保存してるんだけどその後押しとなったのがチャプター機能。MKVコンテナはDVDでできることをフォーマットレベルで実装していて、字幕や音声の多重化に加えメニューやチャプター情報をファイルに組み込むことができる。よってリネームしようが移動しようがへっちゃらなわけ。これを利用しない手はないだろ。

ちょっと前から使い出してるTVMW5(TM4Eも共存中)の場合、対応コンテナであればDVD/BD向け出力と同様にキーフレームがチャプター情報として利用できるので、新規にエンコードするのであれば多少手間が増える程度で済みそう。ただ編集中にチャプターの位置決めに夢中になって燃え尽きてしまうリスクはある。

TMPGEncはいちおうキーフレーム情報の保存と読み込みができるのだが、記述内容がフレーム番号だけなので一般的なタイムコードから変換するのはかなりめんどくさいし、チャプター名が反映されないのでちょっと使い物にならない。Pegasysに要望は挙げてみるけど、昔から性能向上には熱心だけど利用者の使い方についてはけっこう無頓着だからなあ。ストリームコピーで無劣化変換なんて今やフリーウェアですら当たり前の機能やH.264のエンコードx264の細かい設定を別製品で提供って、それは商売上手とはいえないぞ。MKVの出力も字幕埋め込みは未対応だし、いったいなんのためにMKVコンテナ使うと思ってんだか。カット編集画面の使い勝手が抜群なだけに、詰めの甘さが実に惜しい。

続いて既存の動画について。チャプター埋め込み可能な主要コンテナはMKVのほかはMP4とASFで、この3種類はチャプターだけ追加してmuxし直せば済むと思う(QuickTime/MOVも対応してるが手持ちにそんな数ないので無視する)。未対応コンテナの動画はそのままじゃどうしようもないので変更する必要がある。ただ再エンコードとなると劣化するわ時間もかかるわでいいことないから可能な限りコンテナ変更だけで済ませたい。それもAviUtilやVirtualDubModやあたりじゃなくmux系のツールで、GOMのブックマーク情報を流用できるようテキスト化された外部ファイルを参照できるタイプがいい。そんな条件で探してみたら

  • MKVは定番muxerのMKVtoolnix(mkvmerge GUI)でイケる。
  • MP4はAddChapter+MP4boxやdgMP4Muxer+mp4chaps.exe+.NET Framework 4.0、Draxなどけっこう見つかった。HandBrakeは×。
  • ASFは諦めてる。WinTools+AsfBin+.NET Framework 2.0が比較的近いので、AsfBinのフロントエンドの中にはひょっとしたらあるかも。それ以前にASFコンテナ扱うツールがAsfBinベース以外にあるかどうか。

とまあ、そこそこ見つかった。

まあツールがあろうが一気に全ファイルを置き換えるのは現実的じゃないから、GOMと併用するのがいちばん幸せなんだろう。ところがGOMが埋め込みチャプターに対応してないってもう救いようが無いわ。寝る。

濡れ場

むくり。いつの間にかGIGAにユーザーレビュー機能が。俺はもちろんのことGIGAマニアはイカれた変人が多いし運営もあまり信用できないのでしばらく様子見が賢明かな。

Gallop公式サイトが復活していた

告知バナーは先月から出てたっけ。GIGAの中でもフェチ専門ってなってるけど、ぶっちゃけGIGA作品は全部フェチともいえるわけだが、実質は他のレーベルで扱いようがないよくわからない作品は全部ここに放り込んでるような印象。中でもPMID品番は巨大女、体内寄生、憑依、ねんちゃく、丸呑み、猿女、改造人間、触手・・・とまあ、ノリはもう90年代三級片、先月触れた「ユーマレイダー」みたいなのがゴロゴロしてるわけよ(「ユーマレイダー」も復活Gallopで出したほうがよかったんじゃないかね)。今は過去作品しか並んでないけど4月に新作出すみたいなので、PMIDシリーズの続きをぜひ頼む。正直クオリティは要らないから。

「スーパーヒロインぶっかけ凌辱 美少女戦士セーラーアース編」

新作でもなんでもないんだけど、こないだ「センジュリアン」の記事でちょっと触れたのを思い出して。これはGIGA作品の中でも山口智美(というより安芸武)の「熟女ヒロイン完堕ち サイバー戦隊ジャスティオン ホワイトバニー編」と並ぶ屈指の迷作で、それなりにGIGA暦の長い俺ですら最初見たとき腰抜かしたくらいだから、普通の人は最後まで理解できないと思う。

敵の設定がカルト教団なのはいいとしても、本山という名のアジトがマブダチランドで「ぼくとマブダチになろう!」というよくわからない教義。キャラもイカれていて小沢亨扮する大ボスの教祖マブダチ、怪人の名前はドクロフレンダー、戦闘員の名前もシンユウ。これだけでも十分狂ってるんだが、真面目に演技してるのはヒロインの麻美らんのみであとはみな妙なテンション。ニコニコしながら熱心に勧誘してる。戦闘シーンでも満面の笑みを浮かべながら「よくもやったなー」。教祖も教祖で、どさくさにまぎれて「結婚してください!」とプロポーズ。絡みも含めてこのノリがずっと続くんだもん、およそパケ写やタイトル、レビューからは想像もつかない内容だったわ。

んまあいちおうやることは一通りやってるし麻美らんは可愛いから抜こうと思えば抜けるんだけどね。そんなわけで、「ジャスティオンホワイトバニー編」もいつか取り上げようと思う。

アダルト総研の中の人が東京熱を見限った件

記事自体は去年の暮れのもの。

軸にブレなし歪みなし、貫禄のマンネリズムこそが東熱なので、一定の固定客は絶対離れない反面、飽きる人が出るのは当然というか織り込み済みというか。それはともかく東熱といえば今となっては珍しいトークン購入制によるややこしい課金が特徴だったわけだが、去年の秋に遅ればせながら定額制のMYHOTを立ち上げた(いきなり誰でも落とし放題な状態になってたらしいがwww)。んでCCBILLがトークン制、JSKYが定額制の決済会社。中の人は後者について不満だったようなので少し調べたら、どうやら本家(CCBILL)のアフィリンクを踏んだ人が定額制(JSKY)に流れてしまうような構造らしい。この場合、流れた人がJSKY東熱に入会してもカウントはされない。その上JSKYは作為を疑いたくなるほどクリックに対して成果が上がってこない、といった文句を多数見かけた(JSKYはシステム不具合を理由にしている)。あと東熱絡みの話ではないけど無毛はクッキーの有効期限(リンク元の情報を残しておく期限な)を頻繁に変えていたようで、極端なときはブラウザ閉じるまで、というちょっと信じられない報告も見かけた。これらが作為的なものとしたら自分で自分の首を絞めるだけと思うんだけど、そうまでしなきゃいけないほど苦しい状況まで追い込まれてるのかねえ。

参考:JSKYが「儲けさせない仕組み」をカミングアウトか。 | アフィリエイト売上公開ブログ

この人も先月でJSKY東熱を見限っている。

そんなわけで、女優の無駄遣いが多すぎる東熱が仮に潰れようが俺は特に構わないかな。女優の質がどんなに上がろうが無修正に胡坐かいて中身のクオリティ放置してる配信系やメーカー(力入れてるところを挙げるほうが難しいわ)は消えてくれたほうがせいせいするわ。それは表も同じなんだけどね。

2013-03-06

濡れ場

青木美空引退したと思ったら平山こずえになってたのか。見た目も作品の出演傾向もアタッカーズ向きなのでぜひ。

2013-03-05

濡れ場

東京ティンティンの本田教仁監督ってどこかで聞き覚えがあったんだけど、伊島香織の傑作「人妻レイプ 犯された私をあなたは愛してくれますか…。」を手掛けた人か。いろいろ納得した。DMMで「今後要チェック」とレビュってるのにすっかり失念というかSOD系専属みたいなイメージでいたわ。

「友人の母さん ~珍走団二代目リーダーヒロトの母編~ 若松かをり」

作品見たわけじゃないけど、こないだ相互リンクすることになったスレ住人>>490号のエログ「ディープキス」で紹介されてて目に付いた。まさか老舗レーベルのマドンナが珍走団なんて単語をタイトルに使うとはなかなかアグレッシブ。鑑賞する人のうち名付けの由来知ってる人がどれだけいるんだかw

メモ

3Mbps以上のWMVを(場合によっては解像度変更して)1.5~2MbpsくらいにしたいのでWMVをトランスコードできるツールください。まああったとしてもトランスコードのメリットのはずの画質劣化の軽減については怪しいところだが、何しろ情報が少なすぎて。そんなわけで、分割された長時間のフルHD動画を解像度SDに落してもいいから手っ取り早く結合とファイルサイズ縮小するよい方法はないものか。再エンコードだと時間かかりすぎるからなあ。

ファイルサイズ気にせずドンと無劣化結合!って手もあるにはあるが、いくらNTFSのボリューム/ファイルサイズ上限には引っ掛からないとはいえ4GB超えるファイルってのは精神的にあまり気持ちよくない。もちろん分割されたままってのは扱いにくいことこの上ない。さて。

2013-03-04 僕のかわりに今、この空が泣き続ける♪

「この若造がぁ!」とオットー艦長が啖呵切った後に流れるBGM、サントラ1~3で聞いた覚えが無い。OST4が出るってことかしら?あと1話しかないのに?そういえば、episode1の最初・・・「さよなら西暦、ようこそ宇宙世紀~」のところで流れてたBGMも耳にしてない。

そんなことあるか?と聴き直したらやはり俺の思い違いで、episode1の最初の曲はOST2「0001」の後半、オットー艦長の晴れ舞台はOST3の「MINOVSKY PARTICLE」の後半だった。まだまだ聴き込みが甘いっつーか、曲の前半が肌に合わないと最後まで聴かない悪い癖。なおepisode6の「脚がありませんな」なシーンでのBGMはMOBILE ARMOR。ひょっとしてシナンジュ魔改造の伏線かね?

AimerってSalyuに雰囲気が似てるんだな(夜行列車 / なんて特にね)。曲によってはJUJUっぽい。このへんはプロデューサーの傾向なのかしら。パクリとかいう気はなくって、こういう系統が俺は好きなのだろう。全体的に印象的なサビの裏返しか曲調自体は弱いのが気がかりだけど、もう1、2枚アルバム作ればそのへんも満ちてくるかなあ、などと。

メモ

へぇ、ユニコーンなんて見るんだそりゃ見るよ。

・・・濡れ場住人>>537号への返事みたいなものとepisode6再考

小学校でイデオン&ガンダム、中学でダンバイン&エルガイム&ボトムズ&Zとサンライズロボットアニメ黄金時代が俺の思春期だからねえ。シリーズ鑑賞は半ば義務みたいなものだし、F91とのミッシングリンクを埋めるだけでなくCCAでもケリのつかなかったジオン・ネオジオン抗争に対するけじめをどうつけるのかという点でも、UCに並々ならぬ興味を抱くのは当然の帰趨だよ。ちなみにアニメ作品のことはやっぱりアニメで応えてほしいしから小説の類は読んでない。例外はクロスボーンガンダム(まあ映像化しなくて正解ではあるな。

そんなわけで、最近のアニメ事情はともかくガンダムシリーズについてはそれなりに語れると思うんだけど、ガンダムAGEだけは見てない。メカとキャラデザインの時点でかなりどうでもよかったし。作品評価は1st≒Z>髭>0083≒F91>G>X≒ZZ>V>W>08小隊≒ポケット>00>種死>種、という感じ。宇宙世紀贔屓つーか1st&Zが不動の最上位なのはもう仕方ないとして、UCは今んとこ髭と0083の間くらいかな。んまあガンダムよりダンバインやボトムズのが好きだから自分をガノタと言い切れないんだけど、あの頃のSFアニメの充実度は異常だよ。サンライズ以外にもマクロスとかモスピーダとかあったしね。

それにひきかえ、あらかた掘りつくされてしまった今の時代に面白い作品を作るっていうのは大変だと思うよ。可能性を信じにくい状況はアニメだけに限らないか。UCが物語を通じて語りかけてるものは、情報化が進むいっぽうで成長の限界、先が見えてしまっている世の現状に対しての精一杯のエールなのかもしれない、などと思ったり。そう考えてやっと、フロンタルの構想をバナージたちが受けいるわけにはいかない理由が理解できた、というお話。でも俺は無責任なおっさんなので全裸マンについていく。可能性を示しても何も変わらないことに絶望する気持ちもまた、今の世の真実のひとつなのだろう。

そんなわけで、そろそろ平常運転に戻る。

濡れ場

ハセマリはどこに向かっているのか

アケミンのブログ読むまで知らなかった。今や主戦場が欧米ってのも驚いたけど、4ヶ月で100本出演って殺人的なスケジュールだわな。それよりも自称清純派がハードコアの女王でいいのかとw

んまあ、存在を知った頃からVシネで濡れ場→AVデビューまでは想定の範囲で、この子も多分に漏れずアダルト業界に埋もれていつの間にか消えちゃうのかなあ、なんて思ってたからこういう活躍の仕方をするとは意外も意外、状況に潰されずに立ち位置を見出したのは尊敬に値するわ。きっと「それでも」といい続けたんだろう。ってまだ引っ張るか。

SODクリエイト、公式サイト閉鎖

東京ティンティン立ち上げてる場合じゃねえだろw まあデマンド系の直系であり中核といっても今までもSODC公式の存在意義って特になかったし(DMM未配信の作品サンプルがたまにあったくらい?)、それこそSOD公式とブログで情報リリースは事足りるんだよな。そんなわけで、あれこれ騒ぐようなことじゃない、というお話。

SODCでは野本義明が司会や監督を務めてる作品との相性がいいんだけど、単体作品の撮り方はきとるね川口っぽい。つか一眼撮りが浸透したこともあって、これが今の流行のスタイルなのかね。

クリップ

天王寺区の無報酬デザイナー募集の件

デザイナーをプログラマー、と置き換えれば心当たりのある人はかなりの数にのぼるのでは。かくいう俺もたばこワンカートンであれこれお手伝い、な時期がけっこうあった。今はかなり後悔してるけどね。その理由は脱社畜ブログで触れられているとおり。また、安売りしたことでその後の自分の評価をも値踏みすることにもなってしまったし、おかげで今こんなだし。んまあもともとそんなスキルないけどさ。そんなわけで、無報酬かそれに近い行為を賞賛していいケースは非常に限られる、というお話か。そんなのばっかりまかり通ったら経済も回らんしね。

2013-03-03 「それでも、といい続けろ、バナージ!」

結局拾い物で鑑賞。でも劇場も行くと思う。やはりヒロインはマリーダと確信。

マリーダいいよマリーダ

episode5から9ヶ月もかかった割にやっつけ感がするのはなんでだろうねえ。ドラマの密度が濃いといえば聞こえがいいが、いろいろ詰め込みすぎで「え?こんなにあっさり物語の核心に触れちゃっていいの?」という印象。それとオットー艦長にしても殺意の波動に目覚めたリディにしても失恋コンビのアルベルトにしてもとっくに下艦してるとばっかり思ってたエコーズのコンロイにしても、やたらキャラの深みが増しちゃって、相対的にバナージやミネバ様の存在感が薄くなってる。ミコットとミネバ様の確執もオンナの勘だけで解決って軽すぎねーか。何よりジンネマンとマリーダのやりとりはもう少しタメを効かせてもよかったんじゃないかね。などなど、残りの尺的に苦しいのはわかるんだが、こういった相関性や心情の変化はもう少し丁寧に描いて欲しかった。それとこの期に及んで脚がないとかなんとか、どうでもいいよ。やりすぎはあざといだけだって。

あと一番気になったことなんだが、サイド共栄圏構想ってまじで悪くないじゃん、これで何で落胆するのかわからん。コロニーやアクシズ落してまで革新を強要するよりずっとマシでね?具体案は批判もされやすい・・・というよりも単に“シャアっぽいけどシャアじゃない奴の思惑には乗りたくない”って駄々こねてるだけじゃないの。シャアと比べられて作中でも作外でも中身のない男と叩かれてるけど、俺はフロンタル気に入ったわ、何しろ真っ裸だし。いやいやいや、器として生きる以外の道を持たないって、しかも真っ裸なんて名前つけられて、めちゃくちゃ悲しい奴じゃん。でもブレない。ゆがみねえ。ついてくならこっちだろ。

そんなわけで、エンディングの「RE:I AM」は、思ったとおりよかった(ユニコーンvsバンシィはこれまた唐突だったが、エンディングの入りとしては悪くない)。劇場で先行発売してくれたらいいのに。

・・・待ちきれないので、動画からぶっこ抜いてエンドレスで聴いてる。5分45秒もあってゴキゲンさ!ただ演奏開始が本編とカブってる関係で、「バヌァージィィィィィィイ!」という黒リディの殺意に満ちた怒号(声優GJ)もセットなのが悩ましい。こんな感じ RE:I AM / Aimer。はやく20日にならんかねえ。

参考:ニコ動住民による怒号カットバージョン※速攻で削除 サビの歌詞

んまあ、文句だらけなのは期待の裏返しってことで。

2013-03-01

劇場の鑑賞を前におさらいのつもりでUC ep1から見直したのだが、今にしてみると一番の見せ場である“ユニコーン起動→NT-D発動”をはじめとしてBGMが全体的にお粗末というか不自然な編集が目立つ。シーンの尺に対してサウンドのマッチングをちゃんとやってないだろ。んまあep2以降ではほとんど気にならないから作り手も反省したんだろうが、大事な物語の始まりでこういったところに手抜きがあるのは実に残念。

メモ

GOMのupdateで不具合続出とかなんとか

該当バージョンにうp済みだったけど、なにひとつ問題起こってないのでぜんぜん知らなかった。GOM選んでる理由がブックマーク機能のためだけでスプリッタもコーデックもGOM内蔵のほとんど使ってないからかな。

そんなわけで、いつの間にかMKV信者になっている、ギガ男爵である。ついでにうちで一番アクセスのあるお勉強コーナーの動画再生記事にMKVとか字幕とかいろいろ加筆。間違いあったら教えて。

脚注

DCT、離散コサイン変換
近年の映像圧縮で用いられるアルゴリズムで画面を16x16ピクセル単位に分割して処理するため、元の映像の解像度が16の倍数でないとロスが生じる。H.264では8x8ピクセルやそれ以下を単位に区切ることも可能だがエンコード/デコード時の負荷は増大する。
余談だが、デジカメなどの静止画像に関してもリサイズする場合目標とする解像度を8ないし16の倍数にし、それに見合うようあらかじめトリミングする(これも8ないし16の倍数)のが理想である。が、そこまでこだわってる人は少ないと思われ。人間の目で認知できるほどの有意差はないだろうし。スキャンの解像度も考え方は同じ。
レターボックス
4:3の画面に比率を変えずにワイド映像を流し込んだようなやつをそう呼ぶらしい。上下に黒フチが出る、アレ。
キーフレーム
ここでいうキーフレームはTMPGEncの編集画面でチャプターや分割位置として指定するフレームのソフトウェアにおける呼称。まあ結果的にはIフレームとしてエンコードされるから元の意味でもいいんだけど。
トランスコード
言葉の意味そのままの動画変換全般として使ってるケースがほとんどだが、本来はアナログ信号へのデコードなしに異なるビットレートに再エンコードすることを指す。デコードしてからのエンコードに比べて処理の高速化と劣化の軽減を期待できるが、原理的に異なるコーデック間でのトランスコードは不可能。