exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

毎年この季節は気が滅入る、2010年7月の屁理屈

2010-07-26

また喉が痛い。慢性化したらいやだなあ。

メモ

HDD買い足したとたんにこれだ。

WDのHDDが不調

二つ名というかボリュームラベルは1TB_AV1である。アタッカーズ作品を中心に鬼畜なタイトルが多い。「違法撮影 Target 04 はるか」の再生がもたつくので当初変なエンコでもしたのかと思ったが、イベントログ見てさらに凹んだ。

ページング操作中にデバイス \Device\Harddisk6\D 上でエラーが検出されました。
ドライバは \Device\Harddisk6\D でコントローラ エラーを検出しました。

ありゃま。生きてはいるのだがCrystalDiskMarkで測ったら2MB/秒切ってるよ('A`) そんなわけでチェックディスクをかけてみたのだがフェーズ4で動かなくなった。ちくしょうこんなことならHDDの買い足し2TBにしとくんだったぜ。

2010-07-24

あの夏の花火@東京競馬場自宅観戦も3度目になる。あー、こういう感じで撮りたいなというイメージは浮かんだものの必要な機材(三脚と外部ストロボ)がなかった。まあ俺が30秒ほど不動の姿勢を保てればストロボは不要になるのだが…。小倉の3連単が当たったら三脚だけでも買ってこよう。そして遠のくサンニッパ。そんなわけで、誰か一緒に花火をみませんか

    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

デジタルテレプラスをポチってしまった!だって安かったんだもん!どんどん遠ざかるサンニッパ。まあテレコンは潰しが利くし280mm F4買ったと思えばどうということはない。

ついでに先日注文したHDDとDVDドライブも届いた。HDS721010CLA332とGH22NP20。

競馬

4レースほど三連複を買ったのだが、見事に全部1着2着4着だったil|li _| ̄|○ il|li

2010-07-23

給料日。これで事実上2カ月過ごさねばならない。でも今の会社に入って口座残高20万超えたの初めてかも。年内サンニッパは微妙な線であるな。32800円のレンズならすぐにも買えるのだが…。

メモ

まるで俺様の自作自演のようなサンニッパスレでのやりとりを見ると、動きモノでも競馬なんかだと、サンヨンとサンニッパではAF精度にはっきりと差が出るようだ(211が指摘してる真横以外ではかなり不満というのは手持ちの70-200mmでも感じるというか、それゆえサンニッパが欲しくなったわけだが)。サンヨンもAF速度自体は爆速と各所で評判なのだが、単なる精度だけでなく動体予測との関連もあるのだろうか。そんなわけで、ロンシャン基金をそのままサンニッパ基金に変更(フェスタごめんよフェスタ)、ジャパンカップで投入という無謀な目標を立ててみる。候補はAF-S以降(モーター非搭載なら今の残高で買えるが意味がない)。25万くらいかしら。

それまでは、絞って被写界深度稼いで誤魔化すしかないか(そこは開放F2.8の恩恵である)。ボディはD300で問題なさそう。AFセンサーのマルチCAM3500DXはD3と限りなく同じだし、メインCPUの処理能力には差があるにせよAF制御自体はチップ任せのはず。

競馬

最近PATで土曜開催分の前日発売が始まったわけだが、平場とかだと22時くらいでもエルっ仔の単が0.0倍(投票なし)だったりすることが多い。これは美味しいと単複買って翌日5倍くらいだとけっこう凹む。前日オッズなんてそんなもんだろ、jk(r。明日の出走だとユーワファントムもエルっ仔だな(父El Corredor)。

エルっ仔

トウカイポリシー目当てに小倉行きたいのだが終日粗品用ローション詰め作業に追われる予定。勝負馬券はオッズ次第でジェイケイランかな。函館記念のオリオン&ジパングは、もちろん買う。

濡れ場

AV女優はすべて裏作品があるという幻想を抱いている同僚より明日花キララ希美まゆの無修正が欲しいという依頼。丁重にお断りする。

2010-07-22

寝込んでいたので給料日直前にもかかわらずお金がけっこう残ってるものの、来月の給料がかなりヤバい(あたりまえ)。渡仏は諦めざるを得ないようだ。短い夏休みは8月の11~15日。きっとまたオナニー祭りなのだろう。

クリップ

世界で一番熱い夏@ロシア

大地震とか大洪水といったハザードレベルの溺死者の数はさすがスターリンな国と思いつつ、この程度のドボーンをピックアップするようではまだまだ道頓堀には遠く及びませんぜ。奇行とはラバの鮮やかなダイビングのことを指すのであろうか。もし動画があればちょっと見たかった。そんなわけで、やっぱり今年の夏は暑いんだな。

D3100

推測されているカタログスペックだけ見るとこのクラスとしては恐ろしいものがあるが、実際にD300を使ってみてAFの精度や追従性、堅牢さといった数字には表れない部分がどれだけ重要か思い知ったので、D300s涙目とかいってる人は実際にハードな使い方したことがないんだろうなあ、と。まあ戦略上仕方ないのはわかりつつ、なんかこういうのをニコンがホイホイ出さざるを得ない状況というのは、写真を愛する身としてはちょっと悲しかったり。腕を磨くよりも80点を撮りやすいカメラのほうがウケるのは今に限ったことじゃないにしても。

ただ動画撮影時にコンティニュアスAFが可能というのは驚いた。リリースは最速だったくせに後手続きだったけど、ようやくハード的には追いつきそうな感じ。でも撮影センサー埋め込みで実装してるとしたら恐らくはコントラスト方式ってことで、焦点合わせが前後にシフトするんじゃ動画には向かないような気がしなくもない。それとも撮影センサー内に位相差ユニットを実装してるのかな(だとしたらかなり興味深い)。

8月8日はプログレ三昧らしい

こんなタイトル画像使っておいてオープニングナンバーがClose to the Edgeじゃなかったらおかしい(雰囲気的にはSiberian Khatruでもおk)。放送時間は13時間もあるので、長い曲でも(多分)大丈夫らしいので、平均15分としても50曲近くイケるわけだな。ただNHK-FMを聴く環境下にないのが無念。

そんなわけで、ロジャー・ディーンなロゴジェネレーターとか誰か作ってくれないものか。

競馬

何気にPAT購入は、していた。回収率90%くらい。

濡れ場

「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」で佐藤寛子が体当たりのフルヌードとかなんとか。あんまり好きな顔立ちじゃないからなあ。

メモ

ぼちぼち鯖移転準備を始めようかと。まだ急ぐ必要はないのものの、ぶっちゃけApacheとかPHPとかMySQLのあれこれをかなり忘れつつあるので、そのへんのおさらいにけっこう時間食うと思われる。完地区については、容量問題はクリアできそうだけれども、ご時世的にまず無理。うpろだ設置程度でお茶を濁すか、仮に再開しても資料的な位置づけにしかならんはず。

ドンキに怒られた

たとえ自社商品でも提灯記事を書くつもりはない、というポリシーが災いして内容にクレームをつけられた。まあ指摘はもっともだ、と思うので修正。どこかは勝手に探すこと。

DVDドライブが壊れた

けっこう前からぶっ叩かないとトレイが出てこないとかいろいろ不具合はあったのだが、ついにBIOSレベルで認識されなくなった。S-ATAポートが全部埋まっててP-ATAしか空いてないので、IDE用のドライブ(LG)と、ついでに写真用HDDの空きも厳しかったので1TBなHDD(HGST)をDOSパラで購入。合わせて9000円くらい。週末入れ替えだ。

2010-07-21

まあいろいろあるさ。

競馬

東京競馬場花火大会は今度の日曜。

メモ

7月4日(日) 第51回ブラブラ撮影会

主催者はHARUKI氏。府中から多磨霊園&東京天文台経由、調布の天神商店街へ。たいした写真撮れず。

HARUKI氏のお宅でネットのトラブルシュートという名目で呑み直し。その後急激に体調悪化、もともとすげぇ喉痛かったのだが扁桃炎発症。

2010-07-04 オグリキャップが死んだ。

俺はリアルタイムで見てるけど見てない(まだ競馬に興味なかったからねぇ)。だから悲しいとかそういうのはないのだけれども、敬意はある。合掌。

競馬

シングスピールも死んじゃった。最近引退馬含め競走馬の死亡記事がやたら目につく気がする。中でもWake At Noonの件はけっこう珍しいしなかなかショッキングな事件と思うんだけど、国内のマスメディアはまるでスルー。まあ驚くようなことじゃないか。似た例を探すと海外じゃジョージワシントンが記憶に新しいところ。国内はせいぜいダンツ、フレームと腰を動かすくらい。そもそもG1馬の現役復帰の例が他にあるかどうかすらわからん(国営時代とか知らんわい。公営だとキャニオンロマンか。現役復帰で成功したケースは、世界的に見てもほとんどないんじゃないだろか?詳しい人プリーズ。

オグリキャップ

そんなわけで、オグリキャップにまつわることを書いてみる。俺が競馬を始めたのは1993年なので、引退から3年で産駒デビュー直前でもあったしまだ(最強馬論争m9(^Д^)プギャーあたりに)けっこう影響力はあった。ただオグリ産駒に対しては、けっこういろんな人が不安を抱いていた記憶がある。オグリの本質は血統や身体能力にあらず、走ることに対する例を見ないひたむきさである。それは果たして遺伝するのか、と。実際フタ開けてみるとオグリワンやアラマサキャップ程度だったし。同じ公営デビューのアイドルホースでも(野武士に喩えられようが)実際にはけっこう良血だったハイセイコーとはそこが決定的に違う(今ならフリオーソが近いか)。だからオグリキャップはネイティブダンサーの突然変異の代表のように扱われるのではないかと思ったり。直系を残すことは叶わなかったが、最後の産駒が牝馬に出たのは、ちょっとした救いなのかもしれない。

2010年3回東京4日目1R3歳未勝利 ミンナノアイドル

父、父の父、父の母、母、母の父が芦毛。オグリを「白い怪物」と呼んだマスコミは実際に馬を見たことないんじゃないかと思ったり(たとえばホクトスルタンを白馬とは呼ばんだろが)。

2010-07-10追記:ノモケンもオグリの死に触れてるわけだが、プレモダンの英雄がオグリキャップならそのオグリを過去のものにしたSSも変化した時代の望む英雄をきちんと送り出しているわけで、それを衰退への仕掛けとかなんとか、ポイントがズレてる。先にも触れた通りオグリキャップはハイセイコーも比較にならないような日本競馬における特異な存在で、競馬全盛期のアイコンだからってそのまま衰退への懸け橋として扱うのは本質的にはおかしい。結局何をもって不幸なのかいまいちわからない。オナニストの俺がいうのもアレだが“不幸な競馬”という言葉を使うことに自分で酔ってるだけじゃないのかと。あえていうなら不幸なのは競馬ではなく今の社会そのもので、それを競馬だけが不幸になったみたいな切り口で書かれてもねぇ。

ダートと合成馬場の故障率に決定的な差はなし

上でBunnyさんの記事にアンカー振ったついで。以前からの「高速トラックだから故障するというのなら北米ダートや南米芝では日本以上に予後る馬がゴロゴロいそうなもんだがそんな話聞いたことないぞ」という俺の持論を検証する材料に追加しとく。年齢別はちょと興味深かったかな。確かに若駒が予後る話はあまり聞かない。

今日の馬券

すべて裏目ったわりに回収率80%ならよしとすべきか。レトとクオークスター逆だったらロンシャン基金ゲトだったのだが。

メモ

写真いろいろ撮ったのだが疲れたのでレポは明日以降。

クリップ

娘。のパリ公演4000人とAKBのロス公演3000人、どっちが偉いの?

どうでもいいよ。

2010-07-03

明日のブラブラ撮影散歩、なんと東府中スタートだった。リアルに散歩圏内だぞ('A`) しかも気が付くと俺がコース設定することになっていたil|li _| ̄|○ il|li

バスの時間とかいろいろ調べないとあかんのう。参加人数は5人くらいかな?

クリップ

ニコンのイメージセンサーの新特許

なるほど素子を結像円に沿う形で球面に配置することで周辺までシャープネスを維持しよう、という考えか。このへんはデジタルならではであるな(いやフィルムでも同種の発案はあったかもしれないけど、民生品レベルで製品化は厳しいってことで)。ただセンサーのクリーニングとかめちゃくちゃ面倒な気がする。

NikonNext

ダメだこんなの見てたら自信無くすだけだ('A`)

競馬

最前列の連中はみな感じているのではないか。そうでもないか。

福島競馬場はとにかく勝ち馬の撮影が難しい。単純に小回りで直線が短いコースは撮影しにくいイメージだけど、福島は内で粘る馬、外から突っ込む馬となんでもありの競馬になりがち。リスクを回避するには、短いレンズを使ったり、ゴール板から離れた位置から撮影することだけど、そうすると馬の迫力は消え、ただの記録写真になってしまう

中継モニタで見るのとファインダー越しもしくは直視とではまるで違うからなあ。狙い馬(俺ならエルっ仔とかさ)がいないときはギリギリまでターフビジョンでターゲットを追いこむ必要があるけど、これまた斜めアングルだとわかりにくいからねぇ。そんなわけで、コットンフィールドのそこそこ大きい写真を載せてくれてありがたい限り(フェスタもある)。

凱旋門賞

大半のエル基地には予想がついていたと思うけれども、やはり滞在先はトニー・クラウト厩舎で佐々木助手ももちろん随行。ただこれを渡邊隆の信念の結晶であるチームエルコンになぞらえるのは、気持ちはわかるのだけれども、同時に違和感も禁じえない。興味があるとすれば現地評価かしら。国内人気は確実にピサのが上だろうが、あの時のチーム再び、ということで日本人が想像する以上に注目を浴びたりするような。そのあたりの感触で、10年を経た今、どういう受け止め方をされているのかを探る鍵にもなるかな、と。

3回阪神5日目

1Rの2歳未勝利でラバーフローが勝ちあがり。渋った馬場を押して押してハナ、直線一旦並ばれたものの差し返す根性。今週からBコースで仮柵できたのもよかった。鞍上の進路どりもグー。

1着 ラバーフロー 酒井学騎手

「1度使われてスタートもよく、馬が行く気になっていました。他の馬に来られたら伸びる面があるので、最後もビッグスマイルに来られて併せる形になて、しぶとく頑張ってくれました。折り合いに問題なさそうなので、距離は延びても問題ないでしょう」

でも1400mあたりで一旦壁があると思う、母を見る限り。

三宮特別は今日の単勝勝負馬券だったレディアルバローザが待望の3勝目。出資してる同志も喜んでることだろう。ひと息入れて秋華賞路線か。

1着 レディアルバローザ 福永祐一騎手

「前回乗って競馬がすごく上手だと言う印象でした。行く馬の後ろにつけるイメージ通りの競馬ができました。緩んだ芝に脚をとられていましたが、斤量が軽かったこともありますが、強い競馬で勝ってくれました。高いポテンシャルを持っている馬で、先々楽しみです」

その前回も実に惜しかった。これで2番人気なら美味しい。

かなりオッズついてたので灘ステークスのゼンノトレヴィの複勝買ってみたのだが、赤木下手クソすぎ。躓いたのは馬のせいだからそこで立ち遅れは仕方ない。しかしこんだけ脚抜きのいい馬場なんだからそこから無理に番手まで押し上げる必要がどこにあるんだ?案の定、3角でもう手応え怪しくなりズルズル。馬にここで勝ち負けできる能力がないのはわかってるけど、こういうgdgdな騎乗見せられると公営出身の中でも目立ってヘボい理由がわかる気がした。

2回福島5日目

6Rの3歳未勝利、これまた同志が名付け親のグロッタアズーラの単勝負。最後は勝ち馬の決め手に屈したけど実のある2着だ。ただ2回福島が残ってるうちに勝ちあがれなかったのは痛いかもしれない。

メイン終わりでプラス400円と微妙な収支だったので、最終で何かいないかなと物色。蛯名そこそこ調子よさそうだし、手が合わず前走大敗でいい感じにオッズの下がってたマイネルオベリスクを狙ってみたらほんとに勝った!8000円くらい浮いた!

1回函館5日目

今日のプラスが確定したので遊びで2-7-9-10-11と1000円ほど三連複を買ってみた。なんか3歳ばっかり買ってる気がする。結局1、3、4着。そうそう上手いこといかんね。

競猫
164 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト 投稿日:2010/06/26(土) 16:39:36 ID:GTCo4+QX0
実在した猫関係馬名 

ストームキャット 
タバスコキャット 
ヌコパンチ 
キャットエイト 
マチカネコイノボリ 

166 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト 投稿日:2010/06/26(土) 16:47:26 ID:sGxkbOli0
キャットまで調べたら多すぎて大変 

ネコキック(園田) 
ネコキャット (北海道) 
ネコザンマイ(大井) 
ネコダマシー (大井) 
ネコチーター(美浦) 
ネコナシヤトー(名古屋) 
ネコネコロガール(川崎) 
ネコバス(高知) 
ネコパンチ(美浦) 
ネコヤナギ(笠松) 

ネコキャットはやめいwww

225 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト 投稿日:2010/07/03(土) 18:54:38 ID:UxviZqTB0
中山大障害(猫) 

バンケットあたりで行方不明になる競争猫続出。 



ザ・グランドニャショニャル(英国) 

ピーチャーズ・ブルックが猫だまりになる。

2010-07-02 七月の歌

大人の粗品1600個生産中につきやたら忙しい。それでも粗利50万くらいだもんなあ…。そんなわけで、大人の粗品の勢いが落ちないというか、月販2500個くらいで安定してる(先の1600個はまた別口)。冗談抜きで粗品専属班を結成しないと回らんぞ(だけどー俺のー暮らしはー何もー変わらにゃいー。いちおう第三弾も考えてはいるのだが、何しろ現行品の生産で手一杯なのでリリースは当分先になりそう。でもこの手の商品は熱いうちに攻めないと、とも思う。

競馬

フェスタ120かぁ。イマイチ人気ないから117くらいで落ち着くかなと思ってた。東スポでは本番でヤネ蛯名になってるのな、不協和音とかなければよいのだが。出国日程的にトライアル使おうと思えば使えそうで、その場合例えばフォア賞負けてもこの馬的には何も問題ない気がする。むしろヤネに現地勘取り戻してもらうほうが重要じゃないかと。

まあ11年前の挑戦とはまるでベクトルが異なるので(むしろ今回のがジャパニーズスタンダードに沿った形ではあるが)、実績ある陣営だからといって過剰な期待は禁物であるな(だからこそ行く。

…蛯名に否定的な書き込みもけっこう見受けるけど、ほとんどは蛯名が嫌いだから、って理由で否定してるんだよな?そりゃ俺もロンシャンを駆ける相談役を見てみたいと思うけれども、それはあくまでも興味とか好奇心の範囲で、外人以外なら現地経験のある騎手に乗り替わりはごく当たり前のこと(乗り替わりのゴタゴタは別にしてね)。個人の感情と現実的な選択をごっちゃにして応援とか、エゴの押しつけ以外の何物でもないと思うんだが。エゴだとわかってるのなら構わんけど、正論ぽく言われても説得力ない。それにまあ、この2戦は蛯名とすればプライドズタズタにされたわけで、気合いが入らないわけがない。

ラジオNIKKEI賞とか

福島参戦は来週だしサンクスノートも放牧だし、今週末の競馬まるでチェックしてなかったのだけれども、けっこうメンツ揃ってるのな。ラジオたんぱ賞の頃から含めても史上最高レベルでないかと(これで史上最高て時点で過去のレベルが伺い知れるというもの(おっとソングオブウインドの悪口はここまでだ。日曜何も予定入らなかったらピンポイント観戦もありかな?と思ったが午後からお散歩決定とのお知らせ。

エルっ仔はゼンノトレヴィだけか。母エルっ仔がいっぱいだ。

メモ

最近サンヨンからサンニッパに買い替えた顔なじみのD300使いと、レンズについてあれこれ話していたのだけれども、レースシーンでは手ブレ補正なんていらないよね、という同じ結論に落ち着く。ただパドックではあると嬉しいかな、と。確かにレースに比べれば静止体みたいなものだし、構図固定しにくいのでいわゆる1/(焦点距離)秒ではちょっと心許ない。サンニッパのボケは格別だがサンヨンの機動力もそれはそれで捨てがたい、とも。AFはどっちも爆速とのことだが、ピクセル鑑賞するとやはりサンヨンのほうが正確らしい。当たり前か。サンニッパまでは手持ちで練り歩く自信あるけど、それ以上は無理だろうなあ。

…漫然とした絵ばかりだったけれども、何枚かちゃんと考えて撮った写真はわりと納得できた。AVの見過ぎで妄想力が衰えるように、背面液晶で確認できる安心感が1枚1枚に対する集中力を殺いでいく。そのことを今回の撮影で改めて思い知らされた感(かといってそう簡単にフィルムにゃ戻れんよ。

保存用画像のサイズを考える

長らく1440x960をB地区スタンダードとしてきたけれども、大画面液晶に買い替えるとちょっと小さく感じるようになった。そんなわけで、HDクラスに合わせて1920x1280もしくは1920x1080を検討してみる。すると高感度ノイズが目立つようになる、ピンボケや手ブレの影響などがより浮き彫りになる、トリミング限界が下がるといった問題が考えられる≒腕を磨け腕を、ってことだな。

第31回帝王賞優勝 フリオーソ HD向け壁紙

以前のエントリーでも少し触れたけれども、壁紙仕様の場合被写体の配置に少々気を配らないといけない。今回はタスクバー領域を想定してラチはわざと残してみた(ギリギリまで削ると脚がカットされちゃうからねぇ)。余談であるがノイズが揃ってるのと、コンデジみたくカラーノイズがやかましくて使い物にならない、なんてことにならず、今回はISO1600のわりにそこそこと満足している。特に黒の締まりがよい。

クリップ

最新ミラーレスのAF性能はいかほどかな、と by NEX-5

一見、相変わらず動きモノは不得手と思ったのだが、まあ得意でないのは事実なのだろうが、よく作例見るとどこにもピンが合ってない感じ≒手ブレ&被写体ブレ起こしてるように見受けられる。いわゆるコンデジ系の場合、よほど特性を理解してないと(一眼レフみたいに両腕と額による三点支持ができないので、ストラップを首にかけてピンと張り詰めた状態にするとかね)それこそ手ブレ補正なきゃ絶望的なくらいホールディングに難があると思ってるので、そのへんも割り引くとコンティニュアス性能はわりとよいんじゃないのかな(この記事の作例もピン自体はたぶんきてる)。

2010-07-01

疲労が抜けません。抜いてますが。そんなわけで、屁理屈も今月で三回忌である。いや三回忌は丸二年か。二度あることはイイデサンドラくらいにしておこう。

競馬

常連組は福島行くなら今週なのかねぇ。来週は七夕賞というよりも芝開放がお目当ての人は、けっこういるような気がする。ああ、新潟2歳も参戦すれば3場連続芝開放制圧ジャマイカ(皐月当日挫折したのが悔やまれる。同厩に小倉と札幌にも参戦する剛の者がおるが、さすがに新潟と小倉同時制圧は不可能だろう。

写真整理

日中のカットでも手ブレ&ピンヴォケが増えた。下手になってるil|li _| ̄|○ il|li

HDRなんかいらないやい。

安定して流せるのはやはり1/125秒か。相変わらずピンがゼッケンだが。

絞り形状が…口径食も目立つ。構図は気に入ってるというかこの日会心の1枚かな。俺の目標である「見えないもの(構図にないもの)を写す」、ができた気がする。

的場のオッサンすごいなあ。

脚注

ハイセイコー
父チャイナロックは言わずと知れたリーディングサイヤーだし、母も公営で16勝、母の弟は天皇賞で2着があり血統背景はしっかりしていた。ハイセイコー自身も種牡馬入りしてダービー馬カツラノハイセイコ、皐月賞馬ハクタイセイ、エリ女馬サンドピアリスを出し公営リーディングにも輝くなど、むしろエリートに近い。