exB - extreme B-AREA -

多くの常連が無駄死にで無かったことの証の為に・・・ 再び一陣の先頭を守る為に! 正門よ!私は帰ってきた!!

402 Payment Required - お金が必要です

タブレット - lenovo - M8 P22T

実売 2万円程度。格安中華タブレット。2020年 5月発売。

lenovo - M8 P22T

ひと昔前は Android タブレットといえば HUAWEI T シリーズが鉄板だったのだけれども、今でも MatePad Pro は素晴らしい製品なのだけれども、HUAWEI が米国商務省のエンティティリスト入りしてからはクソみたいな製品しかなくなってしまった。たまにまともな SoC 積んでるのがあると思えば NEC のコスパめっさ悪いやつだったり(しかも Android 8 とか、もう死ねよ)。

Android はスマホでもタブレットでも基本的に振る舞いが同じな(同じで構わないとほったらかした)もんだから、タブレットとして使おうと思うと細かなところで勝手の悪さが出てくる。そのへんを Google が甘く見てた…というか様々なメーカーが独自 UI 載っけて収拾つかなくなったもんだから、iPhone と iPad とで地道に細かなカスタマイズを続けそれぞれ iOS を最適化した Apple に勝てるわけがないんだよなあ。

本製品も国内ではメモリ 2GB のストレージ 16GB、解像度に至っては 1280×800 という、ひねりだしたうんこを窓から投げ捨てる勢いの産廃で本来なら見向きもしないのだが、海外仕様ではメモリ 4GB のストレージ 64GB、解像度 1920×1200 とわりかしまともなスペック。OS も Android 9.0 なのでタブレットとしては比較的新しい。

肝心の SoC は MediaTek の Helio P22 で、Snapdragon ならだいたい 625 くらいのスペック。お世辞にも高性能とはいえないが、ネットサーフィンや動画視聴程度であれば問題にならないレベルか。生意気にも Bluetooth 5.0 や顔認証、Dolby Audioにも対応している。

参考:PC watch

なお登場直後は国内未発表モデルだったが、M8 FHD の名前で発売に踏み切ったらしい。

2020-06-19

お休み前に寝っ転がってネットサーフィンするのに手頃なタブレットが欲しかったんだが、Android タブはほんとまともな製品がない。いやあるにはあるが GMS 無理くり突っ込んで HUAWEI 使うしかないわけよ、今さらそこまで手間ひま掛ける気が起きなくて。

そんなわけで、2万くらいで買えそうな中で FHD パネル積んでてそこそこ動きそうなのを探してるうちにコイツを見つけて、Banggood.com で ポチった。税込み 21,290円。

2021-06-20

動作はまあ、サクサクには程遠いにせよ我慢できる範囲だったんだが、とにかく不安定なのよね。アプリ使ってるといきなり落ちることがあまりにも多すぎて一週間くらいで匙を投げた。

一年ぶりに引っ張り出してみたが、営業がタブレット欲しがってたので設定さっぱり消して寄贈することにした。おいらはボーナス入ったら Alldocube iPlay 40 あたりでお茶を濁そうかな、と。

SoC の Unisoc Tiger T618 は Snapdragon 710 くらいの処理能力がありそうで、昨今の GMS がまともに動くタブレット界隈では群を抜いた性能と思われる(もちろん iPad は別枠だから)。これで RAM 8GB / ストレージ 128GB / FHD+ / LTE 対応、OS も Android 10 ってんだからまあ申し分ないわな(楽天回線はカバーしとらんようだが…。