exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

402 Payment Required - お金が必要です

アウター - UNIQLO マウンテンパーカ 2015 秋冬 156377

定価5,990円→値下げ後3,990円(税別)。秋冬向けマウンテンパーカ。

UNIQLO Mt.Parka 2015 AW 156377

素材はいわゆるロクヨンクロス(裏地はポリエステル)。表地は撥水加工され、合わせの下になる前立てが外側に折り返されている雨返し仕立てで内側に雨水が入り込まないよう工夫されているように防風性・防水性・透湿性は高い。ただし保温性は期待できないためインナーで調整する(※登山着のアウター/シェルにはインサレーションを求めないのが普通)。

ドローコードも装備しているが全体にスッキリした造りなのであまり絞らないほうがよさげ。インナーはネルシャツ程度で、厚手のセーターやフリースで重ね着をすると窮屈なので寒がりな人はワンサイズ上を選ぶのもあり。フード内側のチェック柄がオサレ。内ポケットはひとつ。胸ポケットが若干小さめなのが惜しい。

UNIQLO

ここ数年、ユニクロは明らかに品揃えが悪くなった。特にアウターのラインナップの乏しさは目を覆わんばかりだったけど、これはまずまずイケてると思う。

2015-12-04

冬場の競馬観戦で使えそうなアウターを物色していたら、久々にユニクロでアタリに出くわした。緑と少し悩んだ結果、常連仲間のよしださんと色カブリになりそうなので無難なベージュに落ち着く。Sサイズ残っててよかった。これで3,980円なら上々よ。

撥水のアウター持ってなかったのでちょうどよかったけど、昔から指摘されてる通りマウンテンパーカはけっこう着こなしが難しい。この色だとボトムはデニムが似合いそうだけどわしインディゴカラーのジーパン持ってないのよね。トップスも含めブラウン/ベージュばっかりだ。

ポケットの多さは正義。ただ胸ポケットはタバコ入れると蓋が閉まらない。アンダーポケットはタバコ入れるとサイドに手を突っ込んだときけっこう窮屈。胸ポッケは深さが、アンダーポケットはマチがもう少しあるとなおよかったけど、そうするとタイト感が損なわれそうな気もする。

脚注

ロクヨンクロス
1960年代にアーサー・カーン社が開発した横糸にコットン、縦糸にナイロンを配し、その比率が60:40で編み込まれた混紡生地(正確には58:42)の通称。ナイロンより摩擦に強く、かつコットンより通気性に優れる。濡れると水分を吸収したコットンが膨張して生地全体の密度を高めるので結果的に防水性も高まる、とする都市伝説もあるが、実際には水の染み込みが多少伸びる程度で撥水加工をしない限り防水性はないに等しい。
1968年にアメリカのアウトドアブランド・シエラデザイン社が発表したマウンテンパーカーに採用されシエラのパーカーとともに世界中で大流行した。1976年により高機能・高性能な化繊素材であるゴアテックスの登場によってブームは終焉に向かったが、日本では90年代に東京ラブストーリーで鈴木保奈美や織田裕二がマウンテンパーカー着てたせいで再燃した。発展形に65/35があり手触りに勝るが、経年変化での風合いの良さや耐久性はロクヨンに軍配が上がる。