exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

402 Payment Required - お金が必要です

記録メディア - Transcend SDXC 64GB Ultimate

実売5千円台。Class 10 UHS-Iに対応したSDXCメディア。

Transcend SDXC 64GB Ultimate

64GBの品番はTS64GSDXC10U1。パッケージは上記の黒のほかも存在するが単なるロット違いで特に性能等で差はないようだ。

長いことD300使ってたものでCFの規格は慣れ親しんでるのだけれども、SDには正直疎いのよね。フォーマットと容量上限の関係でメディアの規格がSD→SDHC→SDXCと進んでるのは知ってるけど、classとかUHSとかわけわからん。んまあ、SDXCのclass 10のUHS-IIが今んとこいちばん偉いみたいだけどカメラのほうが対応してないので、次点のUHS-Iが2014年現在の高速SDの主流のようだ。お約束のSanDiskやLexerはクソ高いし、競馬好きとしてはトランセンドを信用してやらなあかんだろ、というわけでこいつに行き着いた。

転送速度90MB/s、ECC付き、動作環境温度-25~85度、メディアの抜き挿し保証10,000回とスペック的には申し分なし。残念ながら防水防滴ではないが、レビューを見ても実効速度でリード90MB/秒のライト40MB/秒くらいは出てるようだし、あとはブランドの好みというか。

トランセンド

2015-01-21

Amazonにてポチる。4573円、ミッションコンプ。

D810の記録メディアはダブルスロットでCF&SDとなっている。速度はCFのほうが上なので個人的にはCFダブルのほうがよかったのだが、緊急時のメディア手配を考えたら入手しやすいSDとのコンボのほうが実用性は高いのかもしれない。

で、D810ご自慢の3600万画素でRAW+JPEG記録なんてやってると64GBでも正直心細い。今週末、撮影可のオールナイトイベントから中山直行しようなんて企んでるのでさらにその不安はつのる。

そんなわけで、買い足した。CFも64GBなので合わせて128GB、えらい時代になったもんだねえ。つか64GBの高速メディアが5千円以下で買えるのがすげえ。問題はPCへの転送だわwww 何時間かかることやら(いちおうUSB3.0のカードリーダーはあるんだけどさ)。

ちなみにNexus 7 2014用に買ったmicroSDHCの32GBもトラのUltimateなんだけど、アダプタ経由で装着した場合、600倍速出るのかなあ。