exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

402 Payment Required - お金が必要です

カメラ - Nikon F

発売時の新品価格とか知るかっ!ニコンの名声を不動のものにした不朽の名機。1959年6月発売。

Nikon F

ニコンといえばFだろ、って感じで中学卒業間際に中古で買った。1986年当時確か4万くらいだったと思う。程度はよかったんだけど、堅牢がウリのFだぜー、とブンブン振りまわして電柱にぶつけたらペンタプリズムが凹んでしまったので噂ほどでもないわ。いやどう考えても俺がバカだ。製造番号とかほとんど気にしてなかったので覚えてないけど、いわゆる希少種ではなかったはず(たぶん後期型)。

ニコンFシリーズについて

しばらくは露出計なしでオートニッコールの50mmや28mmで適当に撮りまくった。カラーだと不安なので黒白で。当時仲の良かった友達と写真部に入り、Tri-Xとかネオパン現像しては引き伸ばし、な日々。スタジオデラックス買ってからはリバーサルにも挑戦、主にKR使ってたけど発色とかRDPとどう違うのかたいしてよくわからずフジのが鮮やかだな、くらいの認識しかなかったっけ。

結局外部露出計&完全マニュアルが面倒になって別の友人のニコマートELを借りて撮ることのほうが多かったけど(これが俺のガチャガチャ初体験)、FE2を入手するまで俺の写真のベースを支えてくれた大事なカメラ。大学入学直後、離婚して家を出て行った父親に餞別としてAVIREX G-2といっしょにあげた。一緒にスタジオデラックスも付ければよかった。

SP5 WORLD - Nikon F Cameras

ペンタプリズムにしてもクイックリターンミラーにしてもFが初採用ってわけじゃないんだけど、もともとニッコールの評判が良かったことに加え、現在でも生き残ってるFマウントをはじめ実用製品としての完成度は群を抜いて高かったことがFを不朽の名機として位置づけたといえる(ミラー切れが無かったわけじゃないけどキヤノンほど顕著じゃなかった)。メカニカル一眼レフはFですでに完成しておりロバート・キャパをはじめ報道分野で幾多の伝説を残した。その後の一眼レフの進化はもっぱらエレクトロニクス面と利便性で、F6に至ってメカニカルとエレクトロニクスの融合も極めた。事実ピントや露出をマニュアルで合わせるのであれば現在でもFで何の支障もない。デジタル化が進んでもメカニカルの時代から一眼レフの極限を追求したニコンとキヤノンの双璧を崩すことはもはや不可能で、それゆえ後発メーカーがミラーレスに逃げざるを得なかったのも仕方なし、というお話。

装飾系は別として、一流ブランドというのは製品に何らかの伝説を持っている、というのが俺の持論。沈没船から引き上げられたカバンのうちヴィトンだけ浸水してなかったとか、日付が変わると同時にデイト表示もカチっと変わるロレックスとか。道具として使ったときにニコンは裏切らないって感じ。まあFE2は散々壊れまくったけどさwww

なおFをはじめボディ側で絞り制御のできない機種の場合、Gタイプ以降のレンズは装着自体は可能だけれども開放しか利用できない。まあレフレックスレンズと思えばいいんじゃないかね。

2009-09-21

さすがに今さら買い直そうとは思わないわ。銀塩35mmで欲しいとしたらAF使えてマウント互換性も高いF4くらい。

2013-04-23

未改造のオートニッコール85mmなんてものがあるせいで、またFが欲しくなってしまった。いや今度はF2がいいな。ティタンでなくていいから。