exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

402 Payment Required - お金が必要です

デジタルカメラ - Nikon Df

ニコンダイレクト価格285,943 円(税込。2013年11月28日発売。

Nikon Df

キャッチは「精密機械の感触」と「操る愉しみ」を、あらためてその手に。一見するとレトロスタイルなプレミアム一眼レフといった佇まいだが、往年のゴシックロゴがまぶしい直線的フォルムのメカニカル感溢れるボディに秘められたセンサーはD4譲りの一級品。昨今のトレンドである動画機能をオミットするなど、純粋にスチルを撮ることを愉しむカメラとして誕生した。マニュアルフォーカス時代のニコン一眼レフを扱ったことのある人であれば、ダイヤル中心の操作性にもすぐ馴染むだろう。デジタル一眼レフから入った人はちょっと躊躇するかもしれない。

ニコン

残念な部分はけっこう多い。ボディは軽量だがマグネシウム合金製なので、往年の真鍮製ボディのように地金の金色が現れるようなことはない。サイズはモチーフと考えられるFMやFEよりもずっと大きく、現実に引き戻されてしまう。画像処理エンジンはEXPEED 3で、EXPEED 4の進化具合を見ると物足りなく感じる。非Aiレンズの装着ができるのは驚きだが、接点の互換性の問題でF3AF用オートフォーカスレンズは不可。AFモジュールも39測距点のマルチCAM 4800で一段劣る。

これはこれで、ひとつの新しいスタイルなのはわかるしいわゆるニコ爺層のウケはよさそうだけど、オレが求めるオールドニコンスタイルはこれじゃない、と感じてしまった。銀塩でF3使うほうがスッキリする。

ちなみにシーンモードダイヤル(初心者装備)を備えているか否かが中級以下か上級機かの分岐点で、フラッグシップのD1桁を除くと上級機と呼べるのはD100、D200、D300、D300S、D700、D800/800E、D810だが、従来のニコンと操作系統が大幅に異なるDfは例外的存在といえる。

2015-07-24

なんだか日常の道具というよりも防湿庫に入れて大切に保管するようなヴィンテージカメラに見えてしまう。それとオレ自身が競馬撮影主体でD300使いゆえに高速連写機のニーズよりもプレミアム感を欲するニコ爺を優先した、と受け止めてしまうのだ。D4センサーを搭載しながら5.5コマ/秒に抑えられてるのがどうにも許せない。そういうカメラじゃないのは理解しつつも、たぶんコレ買ってたらストレスで爆発してたと思う。

アンダー30万円で買える8コマ/秒クラスの高速連写機種が他社にゴロゴロしているのをいったいどう受け止めてるんだろう。D一桁買えとでも?もしD400なりが存在したら、オレがDfに対してこれほどネガティブなイメージを抱くこともなかったろうなあ・・・。