exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

402 Payment Required - お金が必要です

レンズ - Nikon Ai AF-S ED Nikkor 300mm F2.8D II

中古相場30万円台。貴重なDタイプのサンニッパ。

Nikon Ai AF-S ED Nikkor 300mm F2.8D II

300mm F2.8、通称サンニッパはメーカーの顔に等しいレンズであり各社とも気合を入れて持ちうる技術を突っ込んでるので(たとえば同じAF-Sでもキットレンズあたりに搭載されてるなんちゃってSWMとはレベルが違う)、基本的に歴代の何を選んでもハズレはないともいえるし、極力最新を選んだほうがよいともいえる。そのへんは考え方次第で、ニコンのサンニッパも例に漏れず。描画性能はナノクリスタルコートを採用した最新型を別にすれば、写真を鑑定するような人を除いてあまり差はないと思ってる。ただAF速度/精度は別。動きモノ主体であればやはりAF-Sでないと苦しいだろう。特にこのクラスのレンズの被写界深度の狭さを思えば。

冒頭でも触れたとおりこいつは絞りリングのあるサンニッパ最後のモデル。とっくの昔にディスコンになってるので新品入手はほぼ不可能、中古もほとんど見かけないというか出品されても出!即!売!の瞬殺状態である。んまあフィルム一眼はもう使わないと断言できる人であればGタイプで何も問題はない。ただGタイプ化されてカラーバリエイションからグレーが消えたのは残念。初代70-200mm F2.8G VRには設定あったが。

ニコン

電磁絞りボディ制御の普及とデジタルの浸透により絞りリングの付いたタイプは減少の一方で、執筆時点でニコンのカタログに存在する超望遠クラスは80-400mm F4-5.6と300mm F4の2本のみである。どちらもずいぶん前からフルチェンジを噂されているが、次モデルは間違いなくGタイプとなっているであろう(80-400mmはAF-S化されるだろうから利便性重視の人にはよい選択肢が増えると思う)。そんなわけで、絞りリングのあるDタイプレンズは貴重である。サンニッパなどまだよい。大三元のひとつ70-200mm F2.8など生まれたときからGタイプだった(ゆえにAF-Sの80-200mmが欲しい)。

2011-04-18

決算賞与が出たついでに、俺の借金状況を整理してみたらやっと30万切っていた。年内に完済はほぼ間違いないので、そしたらニコニコ社長ローンが組めるわけ。んまあ50万貸してくれたらたぶんGタイプのVR2にすると思うけど(中古でDタイプとD700という選択肢もあるな)。80万あったら200-400mm F4。もしD400(仮)が登場したらまたいろいろ悩むんだろうな。買えるかどうかもわからんくせに。

そんなわけで、ついに欲しいものリストに純正サンニッパが登場する時がきた。ポートレイト&風景中心だった写真部時代は「こんなクソ高いレンズ誰が買うんだよ」と思っていたものだが、開門ダッシャーとしての暮らしがすっかり染み付いた今、70-200mmの画角では俺が望む構図が撮れないとわかりこのクラスがないと話にならない状況になりつつある。

ためしに70-200mmx1.4テレコンつけて擬似サンヨンを気取ってみたりもしたが、社外品どうしの組み合わせもあってかAFがまるで安定しない。動きモノを撮るには致命傷よ。被写界深度も微妙。ただ画角は想定どおりだったので、サンニッパに純正x1.4テレコン組み合わせれば当面のあいだはレンズで悩むことはなくなるのではないかと思った次第。

んで、最前線キットの完成形はこんな感じ。

  • D300
  • もう一台予備ボディ、D400(仮)入手してD300をスペアが理想
  • 10-20mmくらいの超広角ズーム
  • SIGMAの17-70mm F2.8-4 HSM
  • 純正AF-S 80-200mm F2.8
  • 純正AF-S 300mm F2.8
  • 純正x1.4テレコン

すべて揃うのは来年の秋くらいかなあ・・・。

2013-04-29

中間のドナドナを経て、機材一新。

  • D300
  • TAMRONの17-70mm F2.8
  • 純正AF-S 70-200mm F2.8

こいつらはもう手放さないとして、今後揃えたいもの。

  • ボディもう1台、できればフルサイズ
  • サンニッパ、DでもGでもいい
  • 10-20mm前後の超広角
  • マイクロ60mm F2.8
  • x1.4テレコン
  • リングストロボ

これだけあればどんな被写体だろうと一生遊べると思うんだよな。あえていえば旅行用に80-400mmもあるといいかも。

脚注

ニコンのレンズ分類は多岐に渡るので細かくは触れない。とりあえずCPU内蔵レンズの区分。

Dタイプ
被写体までの距離情報~Distanceの略だろう~を伝達できるタイプ(厳密には距離信号出力機能、というらしい)。絞りリングも備えているので、FやFM2といったメカニカルボディでも使える。
Gタイプ
Dタイプ同様に距離情報を持ち、かつ絞りリングがない電子マウント専用レンズの総称。Gが何の略かはわからない。Dの先で、EだとレンズシリーズEと紛らわしいしFはマウント名なのでその次のGにしたという説が有力。俺の中では。