exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

402 Payment Required - お金が必要です

カメラ - Nikon 1 V3

直販価格90,180円。高速連写&高速AFがウリのミラーレス機。2014年4月発売。

Nikon 1 V3

いわゆる“ニコワン”としてすっかり定着したニコンのミラーレス。モデルチェンジのサイクルは早いが、中核モデルのJ、エントリーモデルのS、ハイエンドのV、全天候型のAWと他のメーカーのミラーレスと比較して各機種の位置づけがわかりやすいのが特徴といえる。

最上位モデルの三代目となる本機はEVFとグリップを後付けとすることで初代や二代目と比べすっきりとしたフォルムとなった。「性能的には魅力だけどあのデザインは・・・」と尻込みしていた人(誰)もこれなら食指が動くだろう。それでいて282gと軽量化も達成している。外観だけでなく撮像面位相差AF素子は105点に増加、AF追従で20コマ/秒と自慢の高速性も進化、“字面のスペックだけなら”一眼レフを遥かに凌駕する。もちろん被写界深度やボケの大きさは1インチセンサーなりなので画角が同じでも絵作りは異なるわけだが、APS-Cやフルサイズよりずっとコンパクト、そして軽い機材で済むのは機動性において大きなアドバンテージを生む(たとえば山歩きにハチゴローを持っていくのかと(中にはいるんだろうが)。

画像処理エンジンもEXPEED 4Aでぬかりなし。なお画素抜け対策でもあるのか画素数はV2の1400万から1800万にアップ。作例を見ると1インチセンサーの苦しさでISO1600以上で急激にノイズが目立つようになる。高感度画質はまだまだ改善の余地がありそう。

ニコンニコンダイレクト

新発売の標準ズーム1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOMと、オプションのEVF&グリップをセットにしたプレミアムキットも用意されている(上記写真)。EVFもグリップもホールディング性の向上を期待できるのであるに越したことはない。ただEVFの外れない問題はともかく、グリップは確かに見た目もかっこいいし追加ファンクションボタンやコマンドダイヤルも備えているのだが、バッテリー交換の際には取り外す必要があるのはちょっと頂けない。ミラーレスはその機構上、センサーの駆動時間や背面液晶の点灯時間が長いので電池の持ちが悪いのわかってんのかと。V4出す際、追加グリップは増設バッテリーも兼ねるような実装にしてほしい。

一眼レフはシャッターほか燃費の悪い物理動作≒運動エネルギーが必要な機構が多いが、動作が瞬間的なものがほとんどであること、筐体が大きいのでバッテリーサイズにも余裕があること、何より光学ファインダーゆえ構図決めに電力が不要なことからミラーレスに比べればずっと電池の持ちがよい。

1マウント用レンズも少しずつ増え、フルサイズ画角189-810mm相当となる1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6も加わった。ただ望遠域はマウントアダプターのFT-1がコンティニュアスAFに対応したことで、豊富なFマウントレンズを使う手もある。たとえばFT-1経由のAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6Gと比較してみると面白そう(個人的にはAF-S 70-200mm F2.8との組み合わせを試してみたい)。

参考:デジカメwatch

2014-06-30

秋の機材一新に向けていろいろ物色している。本命はもちろんD810ニーヨンヨンなのだけれども、撮影目的でないお出かけの際に気軽に連れ出せるセカンドカメラもあるにこしたことない(スマホとかは画質云々の前に速写性の面で話にならない)。ニコワンVはとにかく小学生が考えたようなデザインがどうしても受け入れられなかったのだけれども、これならまあ、ありかなあ、と。

2015-01-22

年末に50万くらい溜まったのでいざニーヨンヨンを買おう!と思ったら肝心のタマが市場にないw 結局先にボディのリプレイスを、とD810を調達、次にニーヨンヨン買えるくらいオゼゼが溜まる機会なんて死ぬまでに一度あるかどうか。

そんなわけで、府中ダート向け(クソ遠い)の現実的選択肢としてニコワンが俄然有力候補にのし上がってきた。絵作りはまあ、1インチセンサーなりとしてもEXPEED 4の完成度の高さはD810で実感してるし、なんのかんので20コマ/秒はやっぱり強烈だしねえ。ボディとFT-1だけなら9万くらいで手に入るのも、よい。ひょっとしたら、ドナドナしたD300買い戻しよりこっちが先になるかもしれん。

実際のところ、絵作りや画質を最優先にしたい状況に対応できないので一眼レフを捨てることは当面考えられないけど、複数機材持ち歩きを考えた場合も中核がD810&ニコワンなら、一眼2台体制に比べてやもすると半分くらいの容積で済むんじゃないのか?F-3Xで収まったりしてな。それに機材しまってから「これは」と感じるシーンに出くわすことって珍しくないから、そういうときでもニコワンならさっと取り出せそうじゃんね。ま、電池切れ対策だけはしっかり心がけないとあかんだろうが(CIPA準拠とはいえたった300枚だからなw)。

・・・サブ機にはフジのX-T1も考えていたのだが、実機が思った以上に大きかったのと、マウント増えるのはやっぱりキツいので見送り。それにメインがD810なのでサブ機はそれを補完するような性質のものじゃなきゃあまり意味がない。ニコワンなら描画力と機動力をうまく2台でバランス取れると思ったわけ。

つか最初からその想定なら年末のニーヨンヨン基金で全部揃ったよ!何をやってるのかねオレは。

脚注

撮像面位相差AF
コントラスト方式の泣き所であった合焦速度の改善を図るべくセンサー面に位相差検出用の素子を配置したオートフォーカスで、ミラーレスのトレンド技術かつ対一眼レフの切り札のひとつ。なおコントラスト方式と違い撮影素子としては使えないため画素抜けが発生する。画質に影響を与えずAF性能を向上すべく、各メーカーは素子の配列パターンやコントラスト方式とのハイブリッドなど研究に余念がない。