exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

402 Payment Required - お金が必要です

カメラバッグ - DOMKE ドンケF-3X

メーカー希望価格 22,050円。“The Original”のF-2を超えるドンケの中のドンケ。

DOMKE ドンケF-3X

バッグを持って走れる、という機動性を考えて作られたコンパクトモデルで、本国TIFFENの製品ページではF-3X SUPER COMPACT BAGというサブネームが与えられている。収納力を確保しつつ限界まで機動性を追及した、ドンケイズムがもっとも体現されたモデルといってよいだろう。

メインスペースにはバッテリーグリップを装着した中級機に標準系ズームと70-200mm F2.8もしくは300mm F4が収まる。メインのほかにサブ機までのボディがすっぽり収まるサイドポケット、開口部の広いゆったりとしたフロントポケット、レンズキャップを放り込むのに具合のいい本体背面のサブポケット、メインカバー裏のクロスやブロアーといった小物向けジッパー付きポケットを備えている。またのメインカバー自体がかなり余裕を持たせた作りなので見た目よりもずっと多くの機材を収納できる。上限はせいぜい70-200mm F2.8やサンヨンとはいえ、目的を絞っての運搬であれば必要にして十分だろう。

銀一商会

定番のF-2を使っているのだけれども、競馬場で右往左往するにはちょと大きすぎるのと、望遠の収まりがやや悪いのとで買い替えを検討。グリップ付きD80+18-70mmと70-200mm F2.8が収まったらいいなあ、と思ってたら、限りなく俺と同じ収納例を見て俄然欲しくなった。でもちょっと窮屈そうなのでJ-3かF-4も選択肢に入れてみる。

ちなみにバックパックモデル(たぶんオリーブが着合わせするのによさそう、サンドは浮きすぎるしブラックはアキバ少年っぽいし)も販売されているが、確かヨドバシの店頭在庫であって触ってみた限りでは、二気室構成で上部気室の底は固定なので長玉の収納はノーマルのほうが楽かもしれない(それこそ自分で改造がドンケマニアなのだろうが)。また本国にはF-2バックパックもあるのだがこちらは国内での取り扱いはないようだ。さすがに日本人にはちょっと大きいだろうし。

2009-09-21

先日発表になったビームスコラボにもF-3Xが(むしろこれ見て欲しくなったわけだが)。

2010-06-27

最近気付いたのだが、F-2は写真機材“だけ”を持ち運ぶにはちょうどよいサイズなのだけれども、実際の出動はたいていシートだのガムテだのビールだので荷物が増える。そうなるとF-2では収まり切らず別のバッグを用意することとなり、やけに大所帯となってしまう。俺の撮影状況を考えると、F-3Xがベストなんじゃないかと。そんなわけで、ヤフオクで入札中。出品者が製品情報をよくわかってないのかF-3Xで検索してもヒットせず、ひょっとしたら格安で落とせるかもしれない。

7350円で落とせた。定価2万円台、ヤフオクでも1万切ることはあまりないだけにラッキーである。

到着は水曜くらいになるんだろうが、主な収納予定機材はD300+MB-D10、18-70mm、70-200mm、予備エネループ。どうせ現地着いちゃえばD300は肩に首に下げっぱなしだろうから、カバンはレンズと予備電池だけで済むはず。フル機材で移動の際はF-2、目的がはっきりしていて機材絞れる場合はF-3Xという使い分けかな。

2010-06-29

届いた。ミッションコンプ。例によってA4ドキュメントを折らずに収納するのは無理≒レープロなんてあればいいんですよあれば。それでもこの大きさでこの収納力、F-2が汎用性重視のジェガンならこいつはスターク・ジェガンといったところか。

ドンケF-3Xに18-70mmとMB-D10を装着したD300とSIGMAの70-200mmを入れてみた様子

色落ち具合がかえって使い込んだような趣でよい感じ。ひとまず18-70mmとMB-D10を装着したD300とSIGMAの70-200mmを入れてみた。望遠の収まりが多少窮屈だが特に気になるほどではない。サイドポケットに予備レンズや予備ボディも収まる。背面ポケットにはクッション替わりにハンドタオルか何か入れたほうがいいかも(でないと少々ゴツゴツする)。バッテリーグリップを未装着であればもっとスムースに出し入れできそう。んまあドンケに拘る必要もないし、さすがにこんだけの機材抱えて走るってこともないし。いやあるか。G1は荷物番してくれる人がいるし、いなくてもみんな置きっぱなしでダッシュするので目立たないし、そんなもの抱えて走る余裕なんぞない修羅の世界だし。でもG1以外の開門ダッシュと地方全般はそうもいかん。

そんなわけで、何度か抱えてダッシュしたけど、中身が落ち着かなくてちょっとしんどい。

2010-02-11

雪だ。今週末の東京開催が危うい。

現状機材・・・

  • Nikon D300
  • SIGMA 70-200mm F2.8
  • Nikon AF-S 18-70mm F3.5-4.5G
  • Nikon MB-D10
  • 小物あれこれ(ブロアとか予備エネループとかシリコンクロスとか

においてはもうなんの不満もないのである。他のバッグに目移りする気配が微塵もない。ただ、そろそろサンニッパクラスが欲しいとか身の程知らずなことを思っているので、万が一入手した日にゃさすがにF-3Xじゃきついわな。

2013-04-23

中間にドナドナとかいろいろあったんだけど、結局以前と似たような機材に落ち着いた。

  • Nikon D300
  • Nikon AF-S VR 70-200mm F2.8G
  • TAMRON AF 17-50mm F2.8 XR Di II VC
  • 予備バッテリーとか

点数自体は減ってるんだけど、予想以上に純正70-200mm F2.8がかさばってどうにも収まりが悪い。そんなわけで、他のカメラバッグも候補に考えてみたのだが、小物とかシートとか雨具とかでリュックもほぼ併用するわけで、当初は撮影機材そのものを別々に収納するのはどうもねえと思ってたんだけど、どうせ長玉は競馬場の外で使うケースほとんどないんだから、行き帰りでも咄嗟に出し入れしそうな機材と70-200mmあるいは今後調達しそうな望遠系は別にしてもいいんじゃないかと。だいたいこれ以上機材増えた場合、ひとつのバッグに収めたらカート付きでもない限り重くて運ぶのが大変なんじゃね?

こういう佇まいはドンケのサンドならではでごじゃる。オリーブも欲しい。

2013-04-29

現地で動き回るにはF-3xですらけっこうかさばるので、別に小さめのショルダーバッグを用意してこれにレンズ入れるようにしたらかなり快適になった。

レンズ以外にもタバコとジュースくらいは入るけどサンニッパ級は無理。そのときはそのときでまた考えるわ(サンニッパ級と標準ズームを同じバッグでどうこうってほうが無理あるんだよ)。

2013-09-05

オレの場合、競馬だと他の荷物が多すぎてカメラバッグひとつでの参戦が現実的じゃないんだけど(というか、陣地確保するので場内をカメラバッグ抱えながら移動することがない)、先日けやきフェスタでよさこいを見に行って、そういう状況でこそピッタリなんだなー、と思った。

2013-10-09

ボディ1台でやりくりしようとするから面倒なことになるんであって、望遠と広角を2台に分けてレンズ付けっぱなしにすりゃ済む話じゃねーか。

そんなわけで、X-M1が欲しい。

2014-07-11

おせんたく。

あちこちボロボロ。だがそれがいい。

2015-09-20

フルサイズ機材の場合、本体と標準ズーム、70-200mm F4がちょうどよさげ。D810と24-60mm F2.8、70-200mm F2.8だとかなり窮屈で、縦グリ装着したまま収納はたぶん無理。

方針としては、JILL-E DESIGNSのインナーケースをメインカーゴにして、F-3xはサブバッグにしようかなと考えている。ほんとはF-4AFほしいけどそんな余力ない。

2016-06-23

機材全滅したのでひかるくんにあげた。くどいようだが見た目よりずっと収納力があるし、現地で行動するときもサブ機材入れて走り回ったりするのにピッタリだから、いよいよ柵の中の人になる彼にとっても役立つと思う。