exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

402 Payment Required - お金が必要です

ポータブルオーディオ - Apple iPod touch 6th

Apple Storeの直販価格29,800円(32GB)。A8コア搭載の六代目touch。2015年7月16日発売。

Apple - iPod touch 6th

iPhone6から遅れること10か月、唐突に発表された第6世代iPod Touch。9月に登場したiPhone6SはA9コアになったので周回遅れ感は否めないものの、先代との処理能力差は6倍と赤ザクもビックリの性能アップ。もっとも一介のミュージックプレイヤーとしてはA5ですら過剰すぎるスペックなのだが、iOS 8ないし9をまともに動かすためにはA8コア(クロックは1.1GHzに抑えられている)とRAM 1GBが必須って話なのだろう。

外観上の第5世代との違いはiPod touch loopが廃止された程度で外寸や重量は同じ。目立たないところではIEEE 802.11acに対応してるのが嬉しい。背面カメラが800万画素のiSightにブラッシュアップされたがiPhone5等とはレンズが若干異なるので同じ品質ではない。といってもそんじょそこらのコンデジには負けないカメラ性能は魅力たっぷりである。

Apple

難点は消費電力。バッテリー容量1000mAしかないのにA8なんてぶち込んだもんだから、音楽再生以外の行為…通信やゲーム、写真撮ったりしてるとあっという間になくなる。流石Apple、いくら目の付け所がよくても詰めが甘い。甘すぎる。

2015-11-14

わしはお出かけの際に音楽がないと死んでしまう人なので、壊れたり失くしたときに備えMusic Playerは常に2台体制でいる。現在iPod nanoの6代目7代目を所有しているが、6代目を閣下にプレゼントしたこと、7代目の16GBでも若干キャパが苦しいことから、いよいよiPod Touchの32GBに手を出そうかな、と思った次第。

それと7インチタブレットはブラウジングとかには画面広くて便利なんだけど、やっぱかさばるので持って開門ダッシュは辛いのよね。ダッシュ後にサクッとあたりを撮影したいとき、今まではガラケーで撮ってたけどこれまたショボくてさ。6代目touchの背面カメラは限りなくiPhone5相当みたいなので、その点でもちょっと惹かれるわけよ。さらにAmazon Fireのカメラがもうほんとうにどうしようもないのよ(Nexus 7くらいの映りなら「これ一台で」と思わなくもなかった)。

32GBモデルを比較した場合トータル性能の近いiPhone5sが約6万5千円、同じA8コアのiPhone6が約7万5千円、最新のiPhone6Sに至っては9万円近い。iPhone=通話のできるiPod touchみたいなもんだから(iPod touch=通話のできないiPhoneでも構わんが)、通話なんてほとんどしないわしにとっちゃ半額から三分の一のお値段で済む6th touchは“林檎製品の枠組みの中においては”異様なコスパの高さに映る。

そんなわけで、個人的にAppleという企業には不信感しかないのだが、通話のプライオリティが低いわしにとっては他に選択肢がないのも事実で、買うなら最低でも32GB、可能なら64GBが欲しい。というかこういうコンセプトのまともなAndroidOS搭載ミュージックプレイヤーが存在しないことが問題と思うのだが、さて。

iPodの成功はiTunesというプラットフォームの存在抜きには語れない。先にそっちを抑えた戦略はゲスいけど見事。

2016-04-06

Amazon Fire、最初から想定の範囲だったけどやっぱりメインタブレットとして使い続けるのは苦痛。いい加減お出かけ端末を調達しようと思う。当初は6代目touchくらいしか候補に浮かばなかったけど、バッテリーの持ちの悪さは後からカバーしようがない部分だから、そこを改善した7代目でも出ない限りtouchを買うことはなさそう。5代目って選択肢もあるにはあるけど今はSIMフリースマホもけっこういろいろ出てるんだよね。純粋にミュージックプレイヤーとしての完成度でいえば7代目nanoで十分と思うし。