exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

402 Payment Required - お金が必要です

スマートフォン - ASUS ZB551KL

ASUS の直販価格 21,384円(税込)。エントリークラスの SIM フリースマホで通称は ZenFone GO。2016年 4月 2日発売。

ASUS ZB551KL

FREETEL の MIYABI で説明した通りわしは通話ほとんどしない人ゆえ Amazon Fire で十分と思っていたのだが、やっぱ Google アカウントにログインできないのは不便でしょうがないのでまっとうな Android 端末を物色、結局たどり着いたのは ASUS というありがちなお話。

SoC はクアッドコア の ARM Cortex-A7 1.4GHz を搭載する Snapdragon 400 MSM8928 、RAM 2GB のストレージ 16GB とスペックは平凡だがエントリーモデルであれば必要十分といえる。何よりバッテリー容量が 3010mAh で MIYABI よりも余裕がある( 5000mAh の親玉 Zenfone MAX は実売 3万円でさすがに高い)。液晶は 5.5inch の HD IPS で、最近老眼気味というか小さい字を読むのが辛いわしとしてはありがたいし、ポケットに入るサイズとしてはこのくらいが上限ではないか( Nexus 6 とかさすがにデカい)。GPU は Adreno 305 なので 3D 性能こそ貧弱だけど、ディスプレイが HD ということもあり通常あまり困ることはないと思われる。

外観上の特徴はラウンドした背面のフォルムで 5.5インチ端末としてはハンドリング性に優れるが、その背面に配置された物理ボリュームキーは好みが分かれそう。メインカメラは画素数こそ 800万だがレンズは F2.0 と明るく、ZenFone 2 Selfie でも採用されたデュアルカラー LED フラッシュも搭載し普段撮りには十分だろう(ガチ撮りは専用機材に任すべきなのだ)。microSIM のデュアルスロットでそれぞれ 2G・3G・4G に対応しているが、電波法の関係上日本じゃ同時使用できないのはお約束(発信・着信できるのは有効化されている SIM スロットのみで頻繁に海外へ出かけるひとでもない限りメリットは少ない)。ほか格安端末としては au 系 VoLTE をサポートしているのがホットトピック。

なお ポケモン GO には、対応している。

ASUS

5月には派生モデルとしてワールドチューナー内蔵の“ ZenFone Go TV ”も発売された。なおリリース時のプラットフォームは Android 5.1 Lollipop で、執筆時点では Android 6.0 Marshmallow の提供は未定となっている。Marshmallow では SD カードを内部ストレージとして利用できるだけに 内蔵 ROM の少ない ZenFone GO としては早く登場してほしいところ。ただ ZenFone 2 シリーズのようにひとつ飛ばして Android 7.0 Nougat になる気がしなくもない。

2016-05-18

わしのような黒い人にとって機種選び以上に頭を悩ませるのが月額料金の支払いという障壁であるが、楽天モバイルが ZenFone GO の取り扱いを始めてくれたので一気に候補に躍り出た。端末本体は一括で払う必要があるものの、月額料金の支払いに楽天銀行デビットカードが使えるのはとてもありがたい( DMM 決済の関係で VISA デビットから JCB デビットに切り替えたばかり)。たぶん通話 SIM の 5GB プラン+ 5分かけ放題= 3000円/月になると思う。調達のメドは 7月かな。

楽天モバイル

あと気になってるのは arp AS01M、税込 12,744円には惹かれる。

2016-06-26

宝塚記念をマリアライトが勝ってくれたおかげで資金に余裕が。

2016-10-19

発売から半年。楽天モバイルのオータムキャンペーンで通話 SIM とセットなら 7,800円とたいへんお求めやすくなっておる。

リミットは11月1日の 9時59分なので費用面の心配はないのだが、身分証がない。パスポート期限切れちゃってて、取得に 2万とかちょっと厳しい。写真入りのマイナンバーカードの申請は済ませてあって、あとは取りに行くだけなんだけど、取りに行くのに身分証が必要って詰んでるだろwwwww ひとまず明日、期限切れパスポートと公共料金支払い明細とナマポ受給証明でなんとかならないか市役所に事情話してみるわ。

以下、身分証問題が片付く前提の話

それはさておき、ZE551ML、いわゆる ZenFone 2 の 4GB/32GB モデルが 9,800円の叩き売りになってるのも気になる。1年半前のモデルとはいえ確実に性能は上だし、特に縛りもないみたいだし、差額 2千円ならこっちにすべきじゃろか。

コアスペック以外に目を向けると、発売が古いぶん Android OS のサポートは ZenFone 2 が不利か。GO のパネルは HD だけどゴリラガラスなのでわしのようながさつな人間にはありがたい。通信機能を見ていくと LTE の対応バンドは B38 までカバーする GO に軍配が上がるが、 Wi-Fi は逆で ac までの 802.11 規格にフル対応の 2 に対し GO は b/g/n の 2.4GHz シングルバンドでガッカリ※。 バッテリー容量はほぼ同じだが FHD と HD の違いなのか待機時の消費電力にけっこう差があるっぽい。自前でバッテリー交換できるのは GO の美点だわな。

※ 11a/n/ac の転送速度を活かせるほど端末の処理能力が高くない、ということなのかもしれんが問題にしてるのは転送の帯域幅ではなく「いい加減に狭苦しい 2.4GHz でお茶を濁すのやめてくれんか」というお話なのだよ。

2016-12-02

10月末のセールは資金繰り的にも厳しかったのだが、お勤め再開して余裕ができたので、今度こそ。

キャンペーン期間は 2016年12月1日(木)10:00~2016年12月8日(木)9:59 。5日にマイナンバーカードの受取りに行くので、無事交付されることを祈る。

2016-12-05

マイナンバーカードは無事交付されたのじゃが…。詳しい顛末は当日の屁理屈でもご覧頂くとして、契約には漕ぎつけたものの結局マイナンバーカードは本人確認書類として使えず、やむなく期限切れのパスポートを作り直すこととなった。

すでに端末代金の引き落としは済んでる(税込み 8,100円と Amazon Fire より安いw

店頭で実機は何度も触ってるけど、以前使ってたのが地雷端末の REGZA Phone IS04 だし今持ち歩いてるのも 本来はプライムビデオ見るくらいしかお役目ないはずの Zon Pad だから ZenFone GO の性能で御の字よ。何しろ Zon Pad は調子悪いとツイッタークライアントの起動に 20秒くらいかかるわ、カメラに至っては 10年前のガラケーだってここまでひどいのなかったぜ!ってくらい酷いわ、 GoogleLoginService.apk 、つまり Google アカウントサービスを利用できないのはもう致命傷(使えるアプリが貧弱すぎるし、Chrome のブックマークとか共用できない)。

参考:新しいスマホは「ZenFone Go」ASUS - ぷーちん

赤い色にしたのは、紛失破損防止 安い新機種にして頻繁に変えた方がいい あくまでネット通信はPCを中心とまあ、モノ選びの基準にわし通ずるものが。

そんなわけで、本籍地が遠いのでまだまだ手間も時間も掛かりそうだけど、それでもまあ 5年ぶりくらいに“まともな”スマホ生活のメドが立ったのは喜ばしい(ちなみに 通話 SIM の 5GB プランで、留守電&キャッチホンつけた)。

2016-12-18 中年男性 GO!

届いたぜッ!

意外と感動は、少ない。なお APN 設定しても LTE でネット繋がんなくて最初悩んだけど、単に楽天モバイル側の登録が反映されてなかっただけみたいで、SIM 挿してから 2時間くらいで使えるようになった。

端末からプッシュ通知でもやってるのか、SIM 挿してないうちは電話番号と SIM 番号で楽天モバイルにログインもできない。まあ、焦るな。

アプリのインストールとか
ASUS Share LINK

初期設定に続いて真っ先にやったのは、着信音の変更。同一セグメントにある ZenFone と PC のファイル同期や PC からの端末操作などを実現するツール、ASUS Share LINK は、マジ使える。最初手順とかどこに転送されるのかさっぱりわかんなかったけどなwww

左: PC クライアント / 右:スマホアプリの画面

念のためローカルミラーを用意しておこう。

Share Link 1.0.27.911 for Windows Share Link 1.6.0.90_161104 APK for Android

そんなわけで、東熱のアレが聞こえてきたら近くにわしがおるはずじゃ(パート 2 のが好きなんだけど、パート 1 のイントロの派手さが着信音向けなんだよね。

誰かこれ弾き逃げしてほしい。

iSyncr + Rocket Player

iTunes の楽曲を Android 端末でも同期できるようにしてしまえ!という力業のツールは Sync iTunes Android Transfer や TunesGo Plus 、 Media Go などいくつか見かけるけど、これがいちばんコスパと安定性よさげ(基本的に音楽は iPod nano 聴くけど、念のため。

わしは目的に応じた専用端末を用意するに越したことはない、というポリシーなので一台で全部賄うのはどうも。だって音楽聴いたり写真撮ったり動画見てていざ電話しなきゃ、ってときに電池切れたりしたら本末転倒じゃん。そのために重たい大容量のモバイルバッテリー持ち歩くくらいなら餅は餅屋に任せるほうがいいって。個々の端末の充電時間だってそのほうが短く済むし(ま、複数充電しなきゃいけない煩雑さのがウザいなら全部入りでいいんじゃないかな)。

もちろん楽曲 / プレイリストの転送先には外部 SD も選べるのから、ストレージ容量の厳しい ZenFone Go でも安心。

ライブラリのスキャンや転送はけっこう時間かかる。

Rocket Player は iSyncr と同じ開発元のメディアプレイヤー。当然 iSyncr との親和性は高いし、インターフェイスも iTunes と馴染みやすい。

音楽タグ文字化け修復

曲名やアーチスト名の文字化けは ID3 タグとかの文字コードが SJIS や ISO-2022-JP になってるのが原因で、一括で UTF-16 に変更してくれるアプリ。複数の文字コードが混在してるとけっこうめんどい。というか本来は端末に転送する前の環境で文字コードを統一すべき事案。

GOM Player, VLC for android

定番は MX Player なのだろうが、なるべく PC 環境と同じの使いたいので。ついでに GOM Remote も入れとく。

あらかじめ BD → HD リサイズしといた『サイボーグ 009 vs デビルマン』、三話で 3GB くらい。ビットレート 4Mbps くらいあるけど再生負荷は特に感じられない。ただ電力消費が激しいみたいであっという間に減る。高画質の映画何本も持ち歩くとなるとバッテリーライフけっこう厳しいかも。ま、ずっと移動中ってこともあるまいし、モバイルバッテリーあれば問題なかろう。

Perfect Viewer

あとコミック『キングダム』も。~44巻で 4GB くらい。

カメラ

標準カメラがわりと使いやすい。

さすがに等倍鑑賞するとディテールがはっきりせんけど、これだけ写りゃ御の字よ。最大解像度は 3264 x 2448 と丸めやすそうな数字。画角はわからんが 35mm くらいかな。

参考までに、Amazon Fire のカメラ。

こっちのが解像度低い( 1600 x 1200 )のにご覧の有様だよっ! よく今まで使ってきたもんだわ。あと比べてみると Zenfone GO のカメラは彩度が高いね( むしろ Amazon Fire が RAW データに近い印象で、スペック低くて撮って出しの際にあんま絵作りに回す余裕がないんじゃ。

D7200 + 70-200mm 。

これまた次元が違うっ!

キャンディカメラはなんか使いにくくなってる。

フィルタ併用でこれはないんじゃないかなあ。後処理はともかく、撮影にはあんま使わんほうがいいかも。

ダビマス

ゲームはこれだけ。

この名前だけは譲れなかった。

そのほか

SPEEDTEST とか Twitter 公式クライアントとか、そのへんを。

自室内の LTE 。常時こんだけ出りゃ悪くはない。Wi-Fi は 2.4GHz なので50Mbps くらいで頭打ち。

以下、ここまで取り上げてないもの。

  • Google カレンダー
  • Google クラウドプリント
  • Google リモートデスクトップ
  • Google 日本語入力
  • Google Chrome
  • Google Chrome Canary
  • Google Chrome Dev
  • Google PDF Viewr
  • Amazon Drive
  • Amazon プライム・ビデオ
  • Mozilla Firefox Aurora
  • Mozilla Firefox Beta
  • Microsoft Authenticator
  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • Microsoft Office Lens
  • Microsoft OneDrive
  • Microsoft Remote Desktop
  • Microsoft Skype
  • Adobe Acrobat
  • Adobe Illustrator DRAW
  • Adobe Lightroom Express
  • Adobe Photoshop Express
  • Adobe Photoshop Fix
  • 駅すぱあと for Android
  • JR 東日本アプリ
  • 京王アプリ
  • 京王バス
  • 京王タクシー多摩
  • 都バス
  • 東京メトロ
  • 無音カメラ
  • 夜撮カメラ
  • OPEN Camera
  • ぶらり国分寺・府中
  • Dropbox
  • ES ファイルエキスプローラー
  • Evernote
  • JS バックアップ
  • テキストエディタ
  • JRA-VAN
  • netkeiba
  • スマートステラ

どうしたものか悩んでるのは、日本語入力。もともと Zenfone には ATOK が入ってるのでひとまずそっち使ってるけど、MS-IME のユーザー辞書をうまく活かせないものか。というのも、お外からスマホで屁理屈の更新をやってみたいんだよね( Google 日本語入力のほうが移行とか共用が楽そうな気がしなくもない。

プラットフォームフリーを進めるならサーバ側に Word Press なりの CMS 導入するのが手堅いのはわかるんだけど、ここまできたら B地区は最後まで?手打ちにこだわりたいのよね。

雑感と今後の予定

スマホ自体は 5年ぶりくらいだけど、中間に NEXUS 7 とか MoMO Pad 、Amazon Fire と 7 インチタブレット使ってたせいか、大きさはぜんぜん苦にならない。が、確かに片手操作はちょっと不安(ギリギリ片手でどうにかできそうなだけにヤバい)。

ここまでの状態で本体ストレージの空きは 5GB くらい。 microSD は手持ちにあった Transcend の 32GB を挿してるけどこちらの空きは 20GB ちょいでやはり心許ない。64GB にしといたほうがよさそうだ(公式には microSDXC のサポートは 64GB までとなってるけど、PATRIOTの microSDXC 200GB あたりの動作報告も普通に見かけるので、単に検証してないだけと思われる。)。モバイルバッテリーはこれまた手元にある SONY の 5000mAh (実質 3000mAh )で当面は問題なかろう。

Go ! Go ! Go !

そんなわけで、これで何処へでも行けるぜッ!

神様に
おまけの一日をもらった中年男性は
真っ白なザーメンを顔中にかけられ
結局童貞を捨てることがなかった
神様は憐れに思い
中年男性を手籠めにして
彼が何処でもイケるようにしてあげた
中年男性は新興宗教団体の教祖に祭り上げられ
すぐに忘れられ
その行方は 誰にももうわからない

わしもこのネタ好きだねえ。

2017-01-07

端末を PC から操作できる ASUS 謹製のツール PC Link が Google Play ストアから消えていた。

野良アプリ扱いとなるが勝手ミラーからインストール。

念のためミラーしとく。

PC Link 3.022.1029 for WindowsASUS PC Link 2.0.0.22_150909 APK for Android

USB もしくは Wi-Fi で利用できるが、初回は USB で繋いでやるほうが確実かと。その際、端末の開発者向けオプションで USB デバッグを有効にしておく必要があるが、初期状態では非表示となっている。

設定 - 端末情報 の ビルド番号 を連打すると設定画面に開発者オプションが現れる。

この状態でまず端末側の PC Link を起動し、続いて Windows 側の PC Link を起動すると、

デバイス名がリストされるので、クリック。

いろいろ便利。ちなみにスクリーンショットを撮ると端末と PC 両方に保存されてちょっと可笑しかった。

2018-01-28

故あって2か月ほどスマホなしの生活をしていたのだが、あんま困らなかった(周囲は困ったろうが)。購入からまる一年経過したけど、ヘヴィな使い方をしてないこともあってかトラブルは一度も起きてない。気が付いたことといえば

  • RAM 2GB は普通に使うぶんにはだいたい足りる
  • ストレージ 16GB では心もとない
  • 5.5インチは片手で持つには大きい
  • 電源ボタンが上にあると押し間違えやすい
  • バッテリーの持ちはまずまず
  • Wi-Fi はやっぱ 5GHz 帯対応が望ましい
  • マクロ撮影時、派手なボディカラーは被写体に色移りする
  • エントリークラスは Android のアップデートがなかなかこない( 5.1のまんま

購入時はスマホがあるだけで御の字だったからどれも想定内というか許容範囲に収まってはいるんだけど、次買い替えるときはこのへんを踏まえようかなあ、と(特に 5GHz 帯対応は必須)。HUAWEI の P11 lite(仮)とか良さそうだよね。