exB - extreme B-AREA -

無敵の中年男性!的確な中年男性!難攻不落の中年男性!

お勉強:天体と神話の神々

太古より太陽や星座は信仰の対象として世界各地で神話に組み込まれた。

初稿:2015年

太陽系の天体とギリシャ神話の神々

オリンポス十二神と太陽や惑星は一致してるようでしていない。たとえば土星のサターン(Sāturnus, サートゥルヌス)や天王星のウラヌス(Ouranos, ウーラノス)は十二神ではない。かと思えば19世紀以降に発見された海王星のネプチューン(Neptunus, ネプトゥーヌス)やホルストの惑星にすら組み込まれていない冥王星のプルート(Pluto)はそれぞれ十二神のひとりである。また太陽はアポロ(Apollōn, アポローン)でギリシャ神話の最高神ゼウスは木星のジュピター(Juppiter, ユーピテル)と、実際の天体の重要度と格付けの印象に食い違いも見られる。

これらから導き出されるのは、神話とは別に天文信仰が存在したこと、天文信仰よりも後に神話が成立したことである(星座信仰が後なら格付けも神話のそれに従うはずである)。

太陽系の主な天体とギリシア/ローマ神話の神々との関係は次の通り。

太陽系の天体とオリンポス十二神
天体 神名(英) ギリシア語 備考
太陽 アポロ アポロン 予言・芸術・音楽・医療の神
水星 マーキュリー ヘルメス 伝令神・旅人の守護神
金星 ヴィーナス アプロディーテ 愛と美の神
ディアナ アルテミス 狩猟・森林・純潔・豊穣の神
火星 マーズ アレス 軍神、災厄の神
木星 ジュピター ゼウス 主神・雷神・天空神
土星 サターン クロノス 農耕神、時の神
天王星 ウラノス ウーラノス 天空神、原初の神々の王
海王星 ネプチューン ポセイドン 海王、海・泉・地震・馬・塩の神
冥王星 プルート ハーデス 冥界の王、地底・農耕の神

冥界の王プルートはプルトニウムの語源になったことから、「冥界の王と名付けるくらい恐ろしいものなんです!」といった感じで負のイメージを増殖させるためのネタにしてる原子力アレルギーの人をたまに見かける。実際には命名の理由は「天王星[ウラン U 原子番号92 ] 、海王星[ネプツニウム Np 原子番号93 ] とくれば次は冥王星[プルトニウム Pu 原子番号94 ]に決まっとる」ってだけでそれ以上の意味も一部の連中が期待するような思惑もまったくない。反原発は構わんけど事実を捻じ曲げるのはアカンで。

なお“地球”に該当する神は基本的にいない(だって地動説が支持されるまでは地球も天体のひとつという認識がそもそもなかったんだから)。アース(英語)とか、ガイア(ギリシア語)とか、テラ(ラテン語)とかはみんな“大地”を意味する。また地球を表す場合は定冠詞をつけ“the Earth”(ジアース)とするのが一般的(『ぼくらの』に出てきたジアースもこれだね。

そのうちこのへんも書く。

  • 黄道十二宮とか全天八十八星座とか聖闘士っぽいの
  • 他の地域の神話と天体

雑感

天体は IT とけっこう親和性が高い。惑星や恒星の名前をホスト名にしたり、メーカーやブランド名にするケースは多い。恒星では最も明るいシリウスや二番目に明るいカノープスの頻度が高い。

アニメ/コミックと星座の相性も高く、黄道十二宮はご存知『聖闘士星矢』で一世を風靡したが、オリオンは知名度が高すぎるせいか敬遠される傾向にあるようだ。

脚注

オリンポス十二神は以下の通り。

  • ゼウス
  • ヘーラー(ゼウスの妻)
  • アテナ(ゼウスの娘)
  • アポロン
  • アプロディーテ
  • アレス
  • アルテミス
  • デーメーテール
  • ヘーパイストス
  • ヘルメス
  • ポセイドン
  • ヘスティア

音引きとかの細かい差異は気にすんな。どうせカタカナにする時点で原音とは違うんだから。